中公文庫
元禄武士(サラリーマン)学 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 225p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784122054868
  • NDC分類 156
  • Cコード C1121

内容説明

出世、単身赴任、職場での人間関係、かかあ天下…現代に生きるサラリーマンが直面する難問は、江戸時代にもすでに存在していた。元禄時代のサムライたちは、いまと変わらぬ管理社会で生き抜いていくために、どのように知恵を絞ったのか。サムライ=企業戦士の哀しき処世法入門の書。

目次

武道初心集を読む
「士法」の章
「陪従」の章
「奉公」の章
「治家」の章
「択友・交誼」の章
「倹嗇」の章
「臣職・聚斂」の章
「大口悪口」の章
「武士・仮威窃威」の章
「懈情」の章
「文雅」の章

著者等紹介

神坂次郎[コウサカジロウ]
1927年和歌山市に生まれる。作家。戦後、俳優座演出部など演劇関係を転々、小説の世界に入る。82年、『黒潮の岸辺』で第二回日本文芸大賞、教育映画『南方熊楠―その人と生涯』で文部大臣最優秀賞を受賞。84年、『元禄御畳奉行の日記』がベストセラーとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

onasu

2
時代ものというと、江戸後期を舞台にしたものの多い中、元禄期の武家の四方山話しが読めたのは、よかったです。  世が落ち着き、経済、文化が発展する一方、武家の金蔵が乏しくなり始めたのが、元禄期です。諸物価高騰にも関わらず、武家の収入は増えないのですから、懐具合は悪くなる一方。そんな中、武家はゼロサムゲームでの出世を競っていく訳で、そこに悲喜劇があり、マニュアル本として、本書の種本ともいうべき、「武道初心集」があります。  題名通り、江戸も中期以降の武家社会は、閉塞期した現代の宮仕えと共通点が多そうです。2011/06/28

茶々太郎

1
「武士などというものは現代のサラリーマンと変わりがなかったのだよ」という内容なのだが、あまりに俗気がありすぎてつまらん。単なる「かつての処世術読本」を現代に置き換えても、ロマンも諧謔も感じられないわな、そりゃ。2016/07/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3166110

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。