中公文庫
怪しいPTSD―偽りの記憶事件

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784122052710
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C1111

内容説明

二十世紀末のアメリカを席捲した、PTSDの治療方法とされる「記憶回復療法」。阪神大震災後の日本でもPTSD概念は市民権を得たが、アメリカでは「記憶回復療法」によって「蘇った記憶」の真偽を巡る論争が起き、精神分析自体も批判にさらされていた…。

目次

序章 聖書、または偽書
第1章 社会的事件となった「記憶回復療法」
第2章 記憶戦争
第3章 裁かれるセラピストたち
第4章 記憶回復療法とは何だったのか―逆分析する
第5章 精神分析批判―抑圧理論と因果論の危うさ
第6章 危ないPTSD概念の拡大
第7章 心理学書を片手に親にたかる子供たち―母親狩り

著者等紹介

矢幡洋[ヤハタヨウ]
1958年東京都に生まれる。京都大学文学部卒業。精神病院の相談室長などを経て、現在、矢幡心理教育研究所所長、臨床心理士、作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

garth

3
「かつて精神分析にかぶれていた時は、トラウマだのアンビバレンスだのといったやたら大袈裟で深刻な話こそクライアントにとって本質的なものであり、そのような深遠なテーマについて語り合うことこそが「深い面接」であり、価値のあることなのだ、と信じていた。そのような異常なこと・並外れたこと・ドラマティックなことなどをクライアントに対して期待するのは、こちらの弱い精神のなせるわざにほかならない」「偽りの記憶」もまたセラピストと患者の共犯関係で生まれる。2010/02/14

YOS1968

2
米国を席巻した「偽りの記憶」論争をまとめている。非常にセンセーショナルな事件ではあるが、問題は心の問題の普遍化にあるのだと思う。心は傷つくこともあるがそこから立ち直る力も持っている。全てをPTSDなどという、ちっぽけな概念だけで語ろうとしてしまうことは、安易な思考停止であろう。一方で心的外傷の問題は、とても大切な問題であり、こういう問題は起きて欲しくなかった。2010/02/27

Ayanosuke

1
『原因と結果を一対一で結びつける単純化された命題は、宿命論的なニュアンスを持つようになり、人間を絶望させる危険性を持つ』(209ページ)2013/02/04

kobaatsu

1
おもしろかった。ただ「なぜ人はどうしようもなくしょーもない物語にはまってしまうのか」という問に対する答えは筆者がいうような安直なもののような気がして、そのへんが後半薄っぺらく感じた。や、でもすごくおもしろかったー。2010/02/10

tom

1
これは面白い。ちょっとした推理小説そこのけ。あの精神医学者中井久夫が翻訳した「心的外傷と回復」が本当はとても怪しい本であり,その影響でアメリカは,大変な状態になってしまったというのが前半。後半は,PTSDなどのレッテル貼りが治療には役に立たないとした上で,解決指向セラピーの持つ関わり方が,ずっと役に立つという説明。第7章は,子どもから責められている親へのメッセージ,後書きは,どんなひどい状態で養育されても,人は成長することができるという事例。これは勉強になりました。2010/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/396114

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。