中公新書ラクレ<br> 日本人が勘違いしているカタカナ英語120

個数:
電子版価格 ¥864
  • 電書あり

中公新書ラクレ
日本人が勘違いしているカタカナ英語120

  • 提携先に42冊在庫がございます。(2019年06月21日 02時11分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 251p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121506474
  • NDC分類 834
  • Cコード C1282

内容説明

カタカナ英語とホンモノの英語のあいだには、案外深い溝がある。本書は、だれでも知っているカタカナ英語を手掛かりに、自然な英語表現を学んでしまおうというもの。英日両語の達人二人が、楽しく伝授します。

目次

インスタ映え
アプリ
ラインする
(SNS上で)○○を友人リストに追加する
メル友
マストアイテム
アレルギー
ポイントカード/スタンプカード
フライングする
コンテンツ〔ほか〕

著者等紹介

クラフト,キャサリン・A.[クラフト,キャサリンA.] [Craft,Kathryn A.]
アメリカ、ミシガン州で生まれ、オハイオ州で育つ。ボーリング・グリーン州立大学卒業。英語教師、通訳、翻訳家

里中哲彦[サトナカテツヒコ]
1959年、静岡県生まれ。早稲田大学政経学部中退。河合塾英語科専任講師、翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

いまの日本社会のコミュニケーションはカタカナ語を抜きにしては成り立たないようです。


 しかし、みなさんがふだん使っているカタカナ語の表現、たとえば「ドンマイ」(Don't mind.)は英語ではないといったら、びっくりするでしょうか。


 「ジョークだよ」を英語にしてみてください。It's a joke.だなんて思っていませんか。


 「ランチしよう」はどう表現しますか。Let's eat lunch together.はとんでもなくヘンな英語です。


 こうしたカタカナ語を英語では何というのか、それを知りたいとは思いませんか。


 「そんなこと、和英辞典を引けば簡単にわかるはず」

 こう思っている人がたくさんいるのではないでしょうか。

 私はこれまで数多くの和英辞典を見てきましたが、おやっと首をかしげざるをえない英語表現にぶつかったことは二度や三度ではありません。


 「英会話の本で学べます」
 そう考えている人も少なからずいるでしょう。ですが、英会話の本をめくってみれば「文法的には正しいが、ネイティヴ・スピーカーならぜったいに口にしないような英文」がそれこそすぐにでも見つけられます。

 なかには、かなり的はずれの指摘や、度をすぎた表現もあります。じっさい日本には、「つうじないカタカナ語」があちらこちらに氾濫しています。


 本書のねらいは、①日常よく使われているカタカナ語を取り上げ、②それを場面に即した英語に言い換え、③その意図したところが確実にネイティブ・スピーカーに伝わるようにすることです。

 つうじないカタカナ語を「ほんとうの英語」にみごと変身させてみせましょう。


 Happy reading!
――「はじめに」より