中公新書<br> 物語イスタンブールの歴史―「世界帝都」の1600年

個数:

中公新書
物語イスタンブールの歴史―「世界帝都」の1600年

  • ウェブストアに106冊在庫がございます。(2021年12月03日 14時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 284p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026637
  • NDC分類 226.6
  • Cコード C1222

出版社内容情報

イスタンブールの歴史は古い。ローマ帝国の混乱を収めたコンスタンティヌス一世が三三〇年に建設した「新ローマ」から一九二二年にオスマン帝国が滅するまで一六〇〇年余り、世界の中心として君臨した。本書は、ビザンツとオスマン、二つの帝国支配の舞台となったイスタンブールのガイドである。城壁に囲まれた旧市街から、猥雑な新市街、アジア、そして近代のメガシティ――時間旅行者となり、複雑多彩な古都を愉しむ。

内容説明

ローマ帝国の混乱を収めたコンスタンティヌス一世が三三〇年に建設した「新ローマ」から、一九二二年のオスマン帝国滅亡まで一六〇〇年余り、「世界帝都」として繁栄したイスタンブール。本書は、ビザンツとオスマン、二つの帝国支配の舞台となったこの地の案内記である。城壁に囲まれた旧市街から、西欧化の象徴である新市街、東の玄関口アジア岸、そして近代のメガシティへ―複雑多彩な古都を愉しむ時間旅行。

目次

序章 世界帝都の記憶と身体
第1章 世界の中心―旧市街東部・南部
第2章 壁外へ至る門前町―旧市街西部
第3章 愉楽と混沌の異人街―新市街南部、ガラタ城市とその周辺
第4章 都人の行楽地―ボスポラス海峡沿岸
第5章 アジア、あるいはアナトリア
第6章 花開く近代―新市街北部、ペラ、ハルビイェ
第7章 新都心とバンリュー
終章 世界帝都の夢を見る世界都市

著者等紹介

宮下遼[ミヤシタリョウ]
1981年、東京都生まれ。東京外国語大学外国語学部卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在は大阪大学言語文化研究科准教授。専門はトルコ文学(史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

崩紫サロメ

22
オルハン・パムクの翻訳で知られる著者が描くイスタンブル。2018年に刊行した学術書『多元性の都市イスタンブルー近世オスマン帝国の都市空間と詩人、庶民、異邦人』と同様、時系列による通史ではなく、史料を通して(新書なので注釈が無いのが残念であるが)イスタンブルの様々な場所を訪れ、そこを行き交う人々の姿を蘇らせる試みがなされている。『多元性の都市~』のコンパクト版とも言えるが、やはり面白かったのが、20世紀後半以降の部分。乱立する「一夜立て」の家。変わりゆく街並み。そして2021年タクシム広場に落成したモスク。2021/10/12

HaruNuevo

6
正直言って、イスタンブールに行ったことがなくて地理感覚皆無なせいもあり、退屈だった 内容的には、歴史と観光の蘊蓄集のようでもあり、少なくとも物語性はあまり感じなかった2021/11/17

サタイン

2
イスタンブール。ビザンツ直系でオスマン帝国の首都として君臨してきたとんでもない古都でありメガシティ。町の解説を文字だけでやっていて映像なくてこれ大丈夫?って何回も思ったぐらいイスタンブールの建物と文化が詰め込まれていた。行った事ないのにイスタンブールに詳しくなれた気がする。2021/10/20

kentake

2
イスタンブールは、アジアとヨーロッパの境界に位置し、4世紀から19世紀末までビザンツ帝国、オスマン帝国という異なる文化を持つ世界帝国の首都として繁栄し続けた大都市であり、街には、それぞれの時代を物語る歴史的建造物が溢れている。 本書では、イスタンブールという都市の歴史について、年代記的な表現ではなく、旧市街から新市街そして周辺部へと、街路や歴史的建造物を辿ることにより、読者を時間旅行に誘ってくれる。 地図にない地名も多数出てくる点が少し辛いが、いつかこの街を訪問したいという気分にさせてくれる。2021/10/15

Gunesay

2
今日のイスタンブールに当たる旧市街・新市街・アジア側をそれぞれの地区の歴史にまつわるモニュメントに触れながら回る旅のようで読みながら懐かしくなりっこ地良くなる本でした。 歴史案内にとどまらず、今の急速なイスタンブールの開発や発展とトルコの人々にとってのメンタリティを記してきたトルコの文学や映画などの文化への案内にも触れられていて、この街の持つ魅力への著者の強い思い入れが感じられます。2021/09/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18497378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。