中公新書<br> 経済社会の学び方―健全な懐疑の目を養う

個数:

中公新書
経済社会の学び方―健全な懐疑の目を養う

  • ウェブストアに28冊在庫がございます。(2022年01月20日 08時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 272p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026590
  • NDC分類 331
  • Cコード C1233

出版社内容情報

私たちの暮らす社会の経済構造を把握し、そこから生まれる問題を解決するために――。理論、歴史、統計の重要性と限界に向き合う。

内容説明

私たちが暮らす経済社会―経済的な関係が深く染みこんだ社会とどうつき合うべきか。その仕組みを知り、そこで起こる問題解決のために必要なこととは。データの重要性と限界、理論の功罪、因果推論の効果と弱点から、人間心理を扱う難しさ、歴史に学ぶ意義と注意点、政治との距離感まで、経済社会について学ぶためのヒントに満ちた一冊。溢れる情報に「健全な懐疑の目」で接し、社会を少しでも良くしたい全ての人々へ。

目次

第1章 まずは控え目に方法論を
第2章 社会研究における理論の功罪
第3章 因果推論との向き合い方
第4章 曖昧な心理は理論化できるか
第5章 歴史は重要だ(History Matters)ということ
第6章 社会研究とリベラル・デモクラシー

著者等紹介

猪木武徳[イノキタケノリ]
1945年滋賀県生まれ。京都大学経済学部卒業。マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了。大阪大学経済学部教授、同学部長、国際日本文化研究センター教授、同所長、青山学院大学大学院特任教授などを歴任。大阪大学名誉教授。著書『経済思想』(岩波書店、1987、日経・経済図書文化賞、サントリー学芸賞)『自由と秩序』(中央公論新社、2001、読売・吉野作造賞、中公文庫、2015)『文芸にあらわれた日本の近代』(有斐閣、2004、桑原武夫学芸賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おせきはん

24
経済学においてもデータに基づく分析が重要性を増していますが、経済を動かす人間の感情、歴史などにも思考をめぐらせ、データのみに依存しない謙虚な姿勢の大切さを説く姿勢に共感しました。2021/11/28

まゆまゆ

14
日々様々な情報に接する際に健全な懐疑の目でとらえるための方法論を紹介していく内容。経済理論と経済政策は区別しなければならないが、なぜ同じように考えてしまうのか。事実だけではなく、人々が事実だと信じていること、を区別しなければならない。歴史を知れば安易な一般化の危険を避けることができる。2021/12/13

武井 康則

13
 実験観察で公式を数値化出来る自然科学と違い、人文系社会科学系の定理は今までのデータ処理でしかない。その上、それまでの経緯、初期条件、攪乱、当事者の感情など定理をゆがめる要因が様々ある。定理にどんな誤謬がまじるか、また、そのために歴史を学んでおく理由など、人文社会科学を学び結果を出すために考えておかねばならない問題を考察する。ウェブで発表したため、簡潔にまとめら得ているが、その分遊びが少なく緊密で緊張を強いる文になっている。それが長短所か。2021/10/12

はふ

12
従来の経済学では、人間は如何なる時も利己的で合理的な判断の元行動するという前提によって、理論が構築されてきた。しかし、現代では行動経済学の発展により、人間の複雑な心理や行動様式も、織り交ぜて理論を展開する必要が出てきた。今では人間の真理を読み解くことも、経済学の役割の一つなのである。人間の複雑な真理を経済学の理論に加味すると、定説通りにならない事が多い。それほど人間の真理を読み解く事は難しい事なのだ。経済学を学び、経済社会を生きていく上で、真理を読み解くには今まで通りのアプローチではいけないのだ。2021/11/28

きおくあたま

11
ものを学ぶときの心構えや考え方の素養のようなものを学ぶことができた。学びと問い、演繹論理の危うさ、過度の単純化、統計的因果推論、エビデンスに基づく政策、比較研究、感情の重要性、など社会科学(社会研究)を学ぶ上での様々な気づきを示唆してくれる。体系的に論じているわけではないが、著名な学者の主張を引用し社会問題への対応や研究の方法がわかりやすく述べられている良書だと感じた。2022/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18502628

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。