中公新書<br> 東京復興ならず―文化首都構想の挫折と戦後日本

個数:

中公新書
東京復興ならず―文化首都構想の挫折と戦後日本

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年07月25日 09時40分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 302p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026491
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C1236

出版社内容情報

空襲で焼け野原となった東京は、戦災復興、高度経済成長と一九六四年五輪、バブル経済、そして二〇二〇年五輪といった機会を経るたびに、破壊と大規模開発を繰り返して巨大化してきた。だが、戦後の東京には「文化」を軸とした、現在とは異なる復興の可能性があった……。南原繁や石川栄耀の文化首都構想、丹下健三の「東京計画1960」など、さまざまな「幻の東京計画」をたどりながら東京の未来を構想する。

内容説明

空襲で焼け野原となった東京は、戦災復興、高度経済成長と一九六四年五輪、バブル経済、そして二〇二〇年五輪といった機会のたびに、破壊と大規模開発を繰り返し巨大化してきた。だが、戦後の東京には「文化」を軸とした、現在とは異なる復興の可能性があった…。南原繁や石川栄耀の文化首都構想、丹下健三の「東京計画1960」など、さまざまな「幻の東京計画」をたどりながら、東京の失われた未来を構想しなおす。

目次

序章 焼け野原の東京で―「復興」としての戦後を問い返す
第1章 文化国家と文化革命のあいだ―文化による復興とは何か
第2章 文化首都・東京を構想する―南原繁と文教都心構想
第3章 より高く、より速い東京を実現する
第4章 カルチャーの時代とその終焉―東京からTOKYOへ
終章 東京は復興したのか―挫折の戦後史の奥底から

著者等紹介

吉見俊哉[ヨシミシュンヤ]
1957年(昭和32年)、東京都に生まれる。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院情報学環教授。東京大学副学長、東京大学新聞社理事長などを歴任。専攻、社会学、都市論、メディア論、文化研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おおにし

21
(読書会課題本)敗戦前の本土空爆が始まった段階で、官僚たちは復興計画の検討を始めたという話には驚くが、終戦直後に聖戦から復興へ舵を切った日本国民の変わり身の速さは日本人の特質かもしれない。当初は文化国家の首都としての東京を構想したのだが、地権や既得権益、省庁間の壁などのしがらみで、すべて幻に終わってしまった経緯が本書でよくわかった。オリンピック誘致のような「お祭りドクトリン」で都市開発が進む日本では、土建国家から脱却して文化国家の道を歩むことは金輪際ありえないだろう。2021/11/30

kthyk

17
昨日の読書は「覚醒と眠りの中間の世界」と言うマングェルそのもの。漱石、藤村、荷風、有正、吉田健一の街に生まれ、育ち、通い、歩いた我が眠りは戦後の復興により解体され悲しい覚醒。戦前の構想を引き継いだはずの上野も本郷も早稲田も三田も大岡山も今は幻。スピードと便利さ優先により、路面電車と水辺の散歩は先のオリンピックにより高架道路下に消える。軍事は文化に変わったが、文化は経済のお飾り、芸術は文化産業化され、今は広告都市。やがてどの街も記号化され情報化され点滅し実体はない。昨年の「人新生」と同じ、この書は必読です。2021/09/15

Francis

12
「だから結局、東京は焼け野原のままなのだ。…略…文化的循環=成熟へのプロセスと言う観点からするならば、東京はちっとも復興してはいないのである」(282.3頁より)戦後の東京復興計画には東大あるいは明治、日大、そして早稲田などの大学の近くの学生街を活かして発展させるというなかなか魅力的な案があった。結局それらは実現せず経済成長を志向した都市開発により薫り高い都市文化をほとんど感じさせない東京になってしまったことを記述。私も時々都心にいくがビルが林立するだけの都心には正直あまり魅力を感じない。2021/07/31

sk

8
東京にこんな文化都市構想があったとは知らなかった。新鮮な角度からの東京史。2021/09/24

chiro

4
この国が戦後歩んできた道の象徴的な存在としての東京。この復興が文化的都市を目指したにも関わらず、ここで記されている「お祭りドクトリン」による経済的復興に大きく舵を切った弊害が今も尚続き、現下の東京オリンピックへの迷走へと至っていることは嘆かわしいとしか言いようがない。今我々に投げかけられているパンデミックとグローバルの共存の一つの形としてここで掲げられている首都東京のマイナスの復興が現実のものとなることに期待したいが、その担い手が現れることはないのかもしれない。2021/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18045267
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。