中公新書<br> 幣原喜重郎―国際協調の外政家から占領期の首相へ

個数:

中公新書
幣原喜重郎―国際協調の外政家から占領期の首相へ

  • ウェブストアに21冊在庫がございます。(2021年06月23日 18時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 274p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026385
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C1221

出版社内容情報

戦前に外相を4期務め、経済中心の国際協調を主導、戦後は占領下、首相として日本国憲法制定に尽力した幣原喜重郎(1872~1951)。外務省の中枢を歩み、外相として欧米との関係を重視した「幣原外交」は軟弱と批判されながらも、中国への不干渉を貫き政党政治を強く支持した。満洲事変後の軍部台頭に引退を余儀なくされるが敗戦後、首相として復権。民主化や日本国憲法「第9条」成立に深く関与する。激動の昭和期、平和を希求し続けた政治家の実像に迫る。

内容説明

戦前に外相を4度務め、経済重視の国際協調を主導、戦後は占領下、首相として日本国憲法制定に尽力した幣原喜重郎。外交官の中枢を歩み、欧米との関係を重視した「幣原外交」は、軟弱と批判されながらも中国への不干渉を貫き、政党政治を支えた。満洲事変後の軍部台頭に引退を余儀なくされるが敗戦後、昭和天皇に請われ復活。民主化や憲法9条の成立に深く関与する。激動の昭和期、平和を希求し続けた政治家の実像に迫る。

目次

序章 生い立ち―幣原家の次男
第1章 秀才から能吏に―組織人としての自覚
第2章 外務次官までの道程―一九〇八~一九年
第3章 対英米協調路線の模索―「新外交」時代へ
第4章 幣原外交の始動―一九二〇年代の日中関係
第5章 満洲事変と第二次幣原外交
第6章 帝国日本の崩壊―失意の元外相
第7章 老政治家の再起―米占領下と制度改革
終章 挫折を超えて―幣原の遺訓

著者等紹介

熊本史雄[クマモトフミオ]
1970(昭和45)年山口県生まれ。93年筑波大学第二学群日本語・日本文化学類卒業。95年筑波大学大学院博士課程歴史・人類学研究科日本史学専攻中退。外務省外交史料館外務事務官を経て、2004年に駒澤大学文学部歴史学科専任講師、08年に同准教授、14年より同教授。博士(文学)。専攻は日本近代史、日本政治外交史、史料学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。