中公新書<br> カラー版 ラファエロ―ルネサンスの天才芸術家

個数:
電子版価格
¥1,100
  • 電書あり

中公新書
カラー版 ラファエロ―ルネサンスの天才芸術家

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月15日 09時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 211p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121026149
  • NDC分類 723.37
  • Cコード C1271

出版社内容情報

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロと並び称されるラファエロ(1483~1520)。彼の短い生涯は、聖母子画やローマ教皇などを描いた肖像画により栄光に彩られ、後世への影響も巨大なものがある。本書は、その軌跡と、魅力に満ちた作品を読み解く試み。

内容説明

ラファエロ(1483~1520)は、イタリア・ルネサンスの巨人である。37年の短い生涯にもかかわらず、聖母子画やローマ教皇らを描いた肖像画などの傑作を残した。本書は、その歩みと作品をたどって、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロら芸術家たちとの交流や、古代ローマへ向けた関心などを読み解く。そして、後世に巨大な影響をもたらした彼の知られざる多面的な実像を明らかにする。

目次

序章 才能と野心
第1章 聖母子画―フィレンツェからローマへ、躍進と様式の変化
第2章 教甲居室の装飾―変化する制作スタイル
第3章 古代ローマへのまなざし
第4章 ラファエロをとりまく人々
第5章 墓と遺産
終章 後世の批判と再評価

著者等紹介

深田麻里亜[フカダマリア]
1980年、東京都生まれ。東京藝術大学非常勤講師。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。専門は16世紀イタリア美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

18
ラファエロが没してからちょうど500年目に著された書。イタリア・ルネサンスの三大巨匠の一人であるラファエロの生涯や彼の作品の魅力が語られている。ラファエロはもちろん天才だけれど、他人の作品に影響を受け、自分の作品に組み込んでみるところなど、貪欲な努力家でもあったのではないかと感じた。良いところを素直に認め、自分のステップアップのために使用する姿勢を、わたしも持たないといけないと思った。入門書としてとてもわかりやすく読みやすかった。いつかイタリアに行ってみたいな。★★★★☆2021/01/31

ジュンジュン

12
昔から、ダヴィンチやミケランジェロと比べると、若干見劣りする印象を持っていたラファエロ。夭折したから神格化されたのかとも思っていた。本書は、そんな先入観を払拭し、等身大の姿を描いてくれる。37年の短い生涯だからか、本書も200ページと短い(笑)ので、さらっと読める。カラーなのも○。2021/01/20

Francis

11
西洋絵画の巨匠ラファエロの評伝。作品がカラーで紹介され、分かりやすい文章で書かれている。同時代の巨匠ミケランジェロとかなり深刻な対立をしていたこと、伝説化されすぎたあまり虚偽のエピソードが多数生まれそれゆえに19世紀になって現代から見れば不当なラファエロ批判が生まれ「ラファエル前派」が生まれる事になったことも紹介されている。新書とは言えバランスの取れた優れた評伝であり読む価値のある一冊。2021/08/05

はちめ

10
豊富なカラー図版が素晴らしい。とても有名な画家だがその生涯について知らなかったのは夭折ということもあるのだろう。絵はとにかく上手い、特に肖像画において抜群の力を発揮している。ラファエロの描いた肖像画を見ると、モデルがどのような人物なのか知らないにも関わらず、モデルの性格がしっかりと描かれていると感じる。 ラファエロの死をめぐることや、その人となりに関する記述が少ないのがちょっと残念。☆☆☆☆★2020/11/01

ろべると

4
ラファエロは生涯が短めなので、1日で読めた(笑)。ラファエロと言えば聖母子に代表される愛らしい宗教画が印象的だが、工房を率いるようになってから手がけたバチカンの大壁画に、どれだけ彼の個性が表現されているのか、まだ自分として掴み切れていないのだ。今年現地で体感する予定だったのだが… それにしても、この急死の原因は、本当なのかな〜(笑)2020/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16688440
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。