中公新書<br> フォト・リテラシー―報道写真と読む倫理

個数:

中公新書
フォト・リテラシー―報道写真と読む倫理

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年07月30日 20時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 256p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121019462
  • NDC分類 070.17

内容説明

現代社会で日々生まれ、流通し続ける報道写真。一見しただけで見尽くしたような気になり、曖昧な記憶の底に沈んでしまうことも多いだろう。しかしそれらは、写真家のどんな意図で撮影され、誰によって加工され、どのように編集・流布されたのだろうか。本書は、写真の「読み方」を問い直す試みである。作り手の立場だけでなく、見る側の力が問われている今、世界と時代とを思考するための新しい必読書が誕生した。

目次

1 写真は真実か?(決定的瞬間という罠;一枚の写真から;フォトジャーナリズムの成立―両大戦間パリの事例から;写真における「現実」)
2 写真の流通現場(組写真の時代;写真集という物語)
3 読む倫理のために(写真と異文化表象;写真は世界を救うか;ニヒリズムを遠く離れて)

著者紹介

今橋映子[イマハシエイコ]
1961(昭和36)年、東京都生まれ。学習院大学文学部フランス文学科卒業。東京大学大学院総合文化研究科比較文学・比較文化専攻博士課程修了。筑波大学文芸言語学系専任講師を経て、東京大学大学院総合文化研究科准教授。学術博士。著書:『異都憧憬 日本人のパリ』(柏書房、1993年/平凡社ライブラリー、2001年、サントリー学芸賞、渋沢クローデル特別賞)、『“パリ写真”の世紀』(白水社、2003年、重森弘淹写真評論賞、島田謹二記念学藝賞、日本写真協会賞学芸賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

報道写真は真実を写しているのだろうか。われわれは何を読み取ればいいのか。作り手だけでなく、見る側の力を問い直す刺激的論考。