中公新書<br> 「超」文章法

個数:

中公新書
「超」文章法

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2022年07月01日 12時52分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 265p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784121016621
  • NDC分類 816
  • Cコード C1230

内容説明

企画書、評論、論文など論述文の目的は、伝えたいメッセージを確実に伝え、読み手を説得することだ。論述文の成功は、メッセージが「ためになり、面白い」かどうかで決まる。それをどう見つけるか。論点をどう提示するか。説得力を強めるために比喩や引用をどう用いるか。わかりやすい文章にするためのコツは。そして、読み手に興味を持ってもらうには。これまでの文章読本が扱ってこなかった問題への答がここにある。

目次

メッセージこそ重要だ
骨組みを作る(内容面のプロット;形式面の構成)
筋力増強―説得力を強める
化粧する(わかりにくい文章と闘う;一〇〇回でも推敲する)
始めればできる

著者等紹介

野口悠紀雄[ノグチユキオ]
1940年(昭和15年)、東京に生まれる。63年、東京大学工学部卒業。64年、大蔵省入省。72年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授を経て、現在、青山学院大学教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おつまみ

47
文章とは何かを体系的に書いている本で、かなり参考になった。小説と論文の違いなど、興味深い箇所が多くて面白い。2019/08/18

佐島楓

44
幅広い文章の書き方のアドバイス。ただちょっと幅広すぎるかもしれない。2016/04/15

団塊シニア

44
見たまま感じたままでは駄目、メッセージこそ重要、本書は文章の技術論としての指南書として参考になる。2015/07/18

kawa

42
「…なんです」、さらなる、ふれあい、しなやか、やさしさ、生きざま、達人、これらのワードはお嫌いだそう。「超」整理法・整理手帳で日頃お世話になっている野口先生の文書読本。主として15000字前後の学術系論文の野口流お作法を詳述、論文を書くチャンスのあった時期に読んでおくべきだった。とは言え、メーター書き込みの際に役立つことも多数、ご興味のある方にはお勧め。三島由紀夫の大蔵省勤務時代のボツになった演説草稿などを紹介したコラムも楽しい。2020/01/11

桜井葵

38
引きの強い文章を書くための手法が学べました。文章の書き出しと終わりの重要性。メッセージを届けるための2つの条件、相手にとって「ためになるか?」「面白いものか?」。どちらにも当てはまらないメッセージを書いても意味がない。読者(読み手)が誰かも意識しておく。統計などの数値を用いることによって説得力が増す。過去の偉人の言葉を引用。同じ言葉でも「誰が言うか?」で説得力が変わる。文章を書くのが苦手でも 「とにかく始める」始めるまでのエネルギーが一番必要。書いていくことによって考えが深まりメッセージが確かなものになる2018/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/571566

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。