おしゃべりな部屋

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり
  • 動画あり

おしゃべりな部屋

  • ウェブストアに946冊在庫がございます。(2022年05月19日 09時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 218p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120055102
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報


【紀伊國屋書店チャンネル】

近藤麻理恵が片づけてきた1000以上の部屋にまつわる実話を基に、川村元気が紡ぐ7つの部屋の物語。

気鋭の絵本作家・大桃洋祐のカラーイラストを40点以上収載。読売新聞連載時から話題沸騰の小説がついに単行本化!


わたし、橙木ミコには、誰にも言えない秘密がある。

部屋にある、モノの声が聞こえてしまうのだ。服や靴、本や家具がみな、話しかけてくる。

わたしは、依頼された家の“片づけ”を手伝う仕事をしている。

今、わたしの隣にいる片づけの相棒はボクス。おしゃべりな小箱だ。

どうして、片づけが仕事になったのか? どうやって、モノの声が聞こえるのか?

そもそも小箱が相棒って、どういうこと?

きっとあなたは不思議に思うだろう。けれども、これはどれも本当の話。

わたしが片づけてきた部屋は、千を超えた。

服を手放せない主婦、本を捨てられない新聞記者、なんでも溜め込んでしまう夫婦、好きなものが見つけられない少女、死の間際に片づけを決意する老婦人……。

部屋の数だけ、そこに暮らす人と、おしゃべりなモノたちとの思い出がある。

今からすこしだけ、その話を聞いてもらえたらと思う。

内容説明

わたしにはモノの声が聴こえる―ミコは、依頼された家の“片づけ”を手伝う仕事をしている。服を手放せない主婦、本を捨てられない新聞記者、なんでも溜め込んでしまう夫婦、好きなものが見つけられない少女、死の間際に片づけを決意する老婦人…。部屋の数だけ、そこに暮らす人と、おしゃべりなモノたちとの思い出がある。近藤麻理恵が片づけてきた1000以上の部屋にまつわる実話を基に、川村元気が紡ぐ7つの部屋の物語。

著者等紹介

川村元気[カワムラゲンキ]
1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒。2010年、米『The Hollywood Reporter』誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年、初小説『世界から猫が消えたなら』を発表し、世界二三か国で出版された。18年、初監督作品『どちらを』が第七一回カンヌ国際映画祭短編コンペティション部門に選出される

近藤麻理恵[コンドウマリエ]
片づけコンサルタント。幼少期から片づけの研究を始め、独自の片づけ法「こんまりメソッド」を編み出す。2010年に出版した著書『人生がときめく片づけの魔法』が世界四〇か国以上で翻訳され、一三〇〇万部を超える世界的大ベストセラーに。15年、米『TIME』誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選出。Netflixに冠番組を持つ、当番組はエミー賞二部門にノミネートされた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

195
川村 元気は、新作中心に読んでいる作家です。タイトルからイメージしていた内容と異なり、近藤 麻理恵が実際に片付けてきた1000以上の部屋の実話に基づく片付けノウハウ連作短編集でした。 私は完全図書館派なので、本に関しては片付いていますが、洋服に関しては全く片付いていません(笑) https://www.chuko.co.jp/special/chattyrooms/2022/04/28

よつば🍀

67
「ささやくクローゼット」「歌う書斎」「喧嘩するキッチン」「無口な子供部屋」「おしゃべりな小箱」「騒がしいゴミ屋敷」「物語るアルバム」近藤麻理恵さんが今まで片付けて来た部屋に纏わる実話を基に、川村元気さんが紡いだ七話収録の連作短編集。部屋にあるモノの声が聞こえる橙木ミコと、相棒でお喋りな小箱・ボクスが依頼人の家へ行き片付けをサポートするファンタジーを取り入れた七つの物語。私も片付けが趣味なので、部屋がどんどん綺麗に変化していく過程が気持ち良い。自分が好きなモノ達に囲まれて過ごす空間の心地良さを改めて感じる。2022/05/11

おうち時間

53
お片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんの実話を元に川村元気さんが書いた7つのお部屋の物語。大桃洋祐さんのイラストもとても可愛らしいです。主人公のミコには部屋にあるモノの声が聞こえてしまうという秘密が。そして相棒であるおしゃべりな小箱ボクスと共にお片付けのお手伝いをするのですが…。まずは理想の暮らしを考え、触れてときめく物を残し、そうでない物は手放す。片付の順番は衣類、本類、書類、小物類、思い出の品、最後に写真。そして家にある全ての物を出すこと。難しそうだけど、ときめく物だけに囲まれる生活て素敵でしょうね。2022/05/14

ハミング♪♪@LIVE ON LIVE

34
久々の読書。何度も挫折している片づけを「もう一度やってみよう」と思わせてくれた。ストーリー仕立てになっており、可愛らしいイラストもたくさん描かれているため、キャラにより一層感情移入しやすく、読みやすい。これからの私のときめく暮らしのために思い切って祭りを開催するぞ!2022/03/24

LACI

18
こんまりさん事近藤麻理恵さんの小説。以前、こんまりさんのお片付けの方法論を読み文章で片付けを触発された。今回はそんな彼女が川村元気さんと共著で物語を描いた。読み始めは、なかなか入り込めずにいたが、お片付け依頼者もさまざまな人、片付ける場面もさまざま。いつしか自分の家の中を想像しながら物語も楽しくあっという間に読み終えていた。こんまりさんのモノの声がする、モノとの対話や感謝を感じながら我が家もそろそろお片付しなくちゃ。2022/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19319180

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。