流転の子―最後の皇女・愛新覚羅〓生(こせい)

個数:

流転の子―最後の皇女・愛新覚羅〓生(こせい)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年01月21日 00時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 461p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120042690
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

内容説明

父は満州国皇帝・溥儀の実弟、母は日本の候爵家令嬢。敗戦後、わずか5歳で動乱の大陸をさすらい、命からがら引き揚げてくるも―歴史的一族に生を享け、激動の日中間を生きた女性の半生を描く。

目次

第1章 幻影(満州国瓦解―一九四五年;父と母の物語―一九三一~三九年 ほか)
第2章 流転の子(旅の始まり―一九四五~四六年;通化大虐殺―一九四六年二月三日 ほか)
第3章 再会(父は何処に―一九四七~五七年;天城の悲劇―一九五六~五七年 ほか)
第4章 母、妻、そして娘として(動乱―一九六四~六七年;祝婚歌―一九六七~七二年 ほか)
第5章 命さえあれば(地の底が揺れた―一九九四~二〇〇五年;祈る者―二〇〇五~〇七年 ほか)

著者紹介

本岡典子[モトオカノリコ]
ルポルタージュ作家。1956年生まれ、関西学院大学卒業。現代家族・夫婦の危機と再生などを主なテーマとし、『魂萌え!の女たち―祝祭の季節を生きる』(岩波書店)ほか著書多数。近年は中国を精力的に取材し、歴史ドキュメンタリーを手がけている。元ニュースキャスター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件