教養の会計学―ゲーム理論と実験でデザインする

個数:
  • ポイントキャンペーン

教養の会計学―ゲーム理論と実験でデザインする

  • ウェブストアに26冊在庫がございます。(2020年09月19日 12時45分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 222p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784623088355
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C3034

内容説明

AIやIoTといったロボティクスが著しく発展する今日にあって、これからの会計学はどこへ向かっていくのか。伝統的な会計学(簿記や決算書)から一度離れ、新しい接点(ゲーム理論や実験経済学)から会計学とは何かを解き明かす。新しい時代の会計人が身につけるべき教養を提示する入門テキスト。

目次

人間の中へ―ヒトの社会性と会計
第1部 新しい教養への準備(利益はマネジメントされる?―人間心理と企業会計;ゲーム理論と経済実験の基礎―相互作用の分析)
第2部 会計の原初形態(記録する社会―記録は記憶を補完する;集約する社会―情報を削ぎ落とす;開示する社会―他者の目にさらす)
第3部 会計利益と人間心理(利益のある社会(1)―悪い品質のものが生き残る!?
利益のある社会(2)―ヒトのインセンティブを高めるには)
第4部 制度のデザイン(選ぶ社会―社会的選択としての会計;間違う社会―壊れてしまわないために大切なこと;統治する社会―制度の失敗の原因は何か)
第5部 新しい未来へ(ウソをつく社会―ヒトの本質に迫る;AIとの共存社会―未来の会計を考える)
会計を超えて会計を理解する意義

著者等紹介

田口聡志[タグチサトシ]
同志社大学大学院商学研究科後期博士課程教授、博士(商学、慶應義塾大学)、公認会計士、(株)スペース社外取締役(監査等委員会委員)、(株)GTM総研取締役。慶應義塾大学商学部助手(有期)などを経て現職。主著『実験制度会計論―未来の会計をデザインする』中央経済社、2015年(第58回日経・経済図書文化賞、第44回日本公認会計士協会学術賞、日本ディスクロージャー研究学会2018年度学会賞(書籍の部)を受賞)ほか多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

AIやIoTといったロボテックスが著しく発展する今日にあって、これからの会計学はどこへ向かっていくのか。伝統的な会計学(簿記や決算書)から一度離れ、新しい接点(ゲーム理論や実験経済学)から会計学とは何かを解き明かす。新しい時代の会計人が身につけるべき教養を提示する入門テキスト。