中国古典からの発想―漢文・京劇・中国人

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784120041488
  • NDC分類 222.004
  • Cコード C0095

内容説明

漢文と京劇と歴史キャラクターを手がかりに、中国人の本音と中国社会の機微を洞察する。

目次

序に代えて―学問とは何か
第1章 今こそ漢文力を
第2章 漢字文化と日本
第3章 北京三千年史を彩る八人
第4章 おかめはちもく京劇論集
第5章 中国キャラクター列伝
第6章 日中交流秘話
第7章 中国語探検隊
あとがきに代えて―古典とは何か

著者等紹介

加藤徹[カトウトオル]
1963年、東京に生まれる。東京大学文学部、同大学大学院で中国文学を専攻。広島大学総合科学部助教授等を経て、明治大学法学部教授。専攻は京劇史。著書に『京劇「政治の国」の俳優群像』(中公叢書、サントリー学芸賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ひろゆき

2
様々なところに書いたものをまとめたらしく、文化コードの違い、京劇、中国古典のキャラクターなど幅広く述べている。ただ私たち日本人の言語に、通奏低音のように漢字を含めた中国文化があるため、これは単なる雑学にはとどまらずと、読了の満足感、大。漢詩の訓読み下しが日本でなぜ始まり,今も続いているのか、それが日本の中間実務層をつくり、明治維新にも貢献したのか、なるほどの視点。漢詩は同音異義語が多く意味を比定する冗長性がないため、中国人でも聞くだけでは五割程度しか理解していないとか。安心しました。 2018/03/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/656126

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。