新潮新書<br> フィリピンパブ嬢の社会学

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

新潮新書
フィリピンパブ嬢の社会学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年08月06日 00時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106107047
  • NDC分類 366.8
  • Cコード C0236

出版社内容情報

研究対象を恋愛対象にしてしまった大学院生がみた驚きの世界。異色のノンフィクション系社会学。研究対象を、恋愛対象にしてしまいました……。月給6万円、雇主はヤクザ、ゴキブリ部屋暮らしのフィリピンパブ嬢のヒモになった大学院生がみた驚きの世界を、ユーモラスに描く前代未聞のノンフィクション系社会学。

中島 弘象[ナカシマ コウショウ]

内容説明

「アイシテルヨ~」の笑顔のかげに、凄まじい人生があった。フィリピンパブを研究するうちに、あるパブ嬢と付き合うようになった筆者は、その奴隷同然の暮らしを目の当たりにする。月給6万円、偽装結婚、ゴキブリ部屋に監視付、休みは月に2回だけ…そしてある日、彼女に懇願されて、雇い主のヤクザのところに、なぜか乗り込む羽目に!前代未聞、ノンフィクション系社会学。

目次

第1章 フィリピンパブって何ですか
第2章 ねえ、私と付き合ってくれる?
第3章 助けなんていらない
第4章 信じてほしいと言うけれど
第5章 フィリピンパブ嬢のヒモになる
第6章 母は絶対に会わないと言った
第7章 どれだけ金があっても足りない
第8章 そして彼らはいなくなった
第9章 ビザと就職と結婚と

著者等紹介

中島弘象[ナカシマコウショウ]
1989(平成元)年、愛知県春日井市生まれ。中部大学大学院修了(国際関係学専攻)。在学中から、フィリピン人女性と日本人男性の間に生まれ、経済的に恵まれない日比国際児たちの支援活動にかかわり、現在は比NGO組織「DAWN」と連携して活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件