新潮新書<br> 観光立国の正体

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり

新潮新書
観光立国の正体

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年11月24日 16時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 265p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106106927
  • NDC分類 689.21
  • Cコード C0263

内容説明

爆買い、インバウンド、東京オリンピック…。訪日外国人の急増とデフレの慢性化で、国策としての「観光立国」への期待が急速に高まってきた。しかし、日本のリゾート・観光地の現場には、いまだに「団体・格安・一泊二日」の旧来型モデルに安住している「地域のボスゾンビ」たちが跋扈している。日本を真の「観光立国」たらしめるには何が必要なのか。地域振興のエキスパートと観光のカリスマが徹底討論。

目次

1 観光立国のあるべき姿(ロールモデルとしての観光立国スイス;地域全体の価値向上を目指せ;観光地を再生する―弟子屈町、飛騨市古川、富山県の実例から;観光地再生の処方箋)
2 「観光立国」の裏側(エゴと利害が地域をダメにする;「本当の金持ち」は日本に来られない;「おもてなし」は日本人の都合の押しつけである)

著者等紹介

藻谷浩介[モタニコウスケ]
1964(昭和39)年山口県生まれ。日本総合研究所主席研究員

山田桂一郎[ヤマダケイイチロウ]
1965(昭和40)年三重県生まれ。スイス在住の「観光カリスマ」。JTIC、SWISS代表。和歌山大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

地方から日本を再生させるための処方箋を、地域振興のエキスパートと観光カリスマが徹底討論「おもてなし」は日本人の都合の押しつけである。観光地の現場に跋扈する「地元のボスゾンビ」たちを一掃せよ! 地方から日本を再生させるための処方箋を、地域振興のエキスパートと「観光カリスマ」が徹底討論。

藻谷 浩介[モタニ コウスケ]

山田 桂一郎[ヤマダ ケイイチロウ]

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件