新潮新書<br> 日本共産党

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり

新潮新書
日本共産党

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年08月30日 06時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 191p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784106101649
  • NDC分類 315.1

内容説明

「鉄の規律」「秘密主義」。現在でも公安警察の監視対象ゆえに、ある種の物々しさが漂う日本共産党だが、その実態とは―。出来レースで選ばれる党指導部、給与遅配も珍しくない地方組織、度重なる募金で疲弊し離党する一般党員たち。党歴39年、党ナンバー4の政策委員長となるも不祥事を契機に参院議員辞職、離党した著者が、日々の党運営の仕組みから宮本顕治引退の真相まで、「革命政党」の内情を明らかにする。

目次

序章 なぜ私は入党し、離党したのか
第1章 日本共産党とは如何なる政党か
第2章 革命政党の実像
第3章 見えざる党指導部の実態
第4章 不破議長時代の罪と罰
第5章 日本共産党の無謬性を問う
終章 立ちはだかる課題

著者紹介

筆坂秀世[フデサカヒデヨ]
1948(昭和23)年兵庫県生まれ。18歳で日本共産党に入党。三和銀行を退職後、議員秘書を経て参議院議員へ。党ナンバー4の政策委員長となるも、不祥事を契機に議員辞職。2005年7月離党(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「鉄の規律」「秘密主義」。現在でも公安警察の監視対象ゆえに、ある種の不気味さが漂う日本共産党だが、その実態とは──。出来レースで選ばれる党指導部、給与遅配も珍しくない地方組織、度重なる募金で疲弊し離党する一般役員たち。党歴39年、党ナンバー4の政策委員長となるも不祥事を契機に参議院議員辞職、離党した著者が、日々の党運営の仕組みから宮本顕治引退の真相まで、「張子の虎」に過ぎぬ内情を語りつくす。