新潮選書<br> モノに心はあるのか―動物行動学から考える「世界の仕組み」

個数:
電子版価格 ¥1,056
  • 電書あり

新潮選書
モノに心はあるのか―動物行動学から考える「世界の仕組み」

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月25日 10時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106038211
  • NDC分類 140.4
  • Cコード C0345

出版社内容情報

永年のダンゴムシ研究により、心とは「隠れた活動体」と定義した科学者が、無生物の本質と世界の新しい見方に迫ったユニークな考察。

内容説明

石にも心はある!ダンゴムシ研究者がたどり着いた斬新な世界観。永年にわたるダンゴムシやオオグソクムシなどの研究を通じて、心とは「隠れた活動体」であると定義した動物行動学・比較心理学者による最新作。「心」は、ヒト以外の生物はもちろん、石などの無生物にさえもあると説き、私たちが「何かをしたいと思う気持ち」にも、話す言葉にも「隠れた存在」はあるのだと、新たな世界の見方を提示する衝撃的な論考。

目次

序章 世界と私たちの関係
第1章 世界とは何か(なぜ私はマグカップを手にしたのだろう;「たくさん」という「ひとつ」 ほか)
第2章 言葉とは何か(意思の伝達;意思の伝達感 ほか)
第3章 心とは何か(心の意味;心の連続性 ほか)
終章 モノの心(マグカップハンマー;心の相互作用 ほか)

著者等紹介

森山徹[モリヤマトオル]
1969年兵庫生まれ。神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程修了(博士・理学)。公立はこだて未来大学複雑系科学科助手、信州大学ファイバーナノテク国際若手研究者育成拠点特任助教、同繊維学部助教を経て、同准教授。専門は動物行動学、比較心理学、心の科学。ダンゴムシ、オオグソクムシ、ミナミコメツキガニ、そして、モノゴトの心を探究中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ぺったらぺたら子 

12
ああ自由だ。ダンゴムシの研究から得たものは勿論だが、寧ろほぼ霊感と自らの生活、経験、観察からの思索であり、それを平易な自分の言葉だけで語る。知とは、そもそも知らない事を知るのではなく、知っていながら知らない振りをしている事を浮上させる営みなのだ。それにはまず思考を縛る箍をはずさねばなるまい。世界が広がり、振動し、響く音が聴こえる。限りなく響く事をまた世界とも呼ぶ。そして未踏ルートでアニミズムへと至る。世界とは何かという問いが、自由とは、他者とは、表現とは何か、多様であるとはどういう事か、と一気に繋がった。2018/03/18

yu yu

7
思ってたのと違ったけれど面白いところもありました。ダンゴムシのところとか。2018/02/14

もくそん元帥

4
本書を読んで、『夢十夜』にある運慶の話を思い出した。 (若い男が運慶の彫刻を見て)「なに、あれは眉や鼻を鑿で作るんじゃない。あの通りの眉や鼻が木の中に埋うまっているのを、鑿のみと槌つちの力で掘り出すまでだ。まるで土の中から石を掘り出すようなものだからけっして間違うはずはない」と言った。 モノそのものにも「意志」があるのかな。2018/10/16

Myrmidon

3
うぐぐ、つまらなくて挫折した。動物行動学者が「心」や「世界」、「言葉」について考えたらしいのだが、各概念や用語がほとんど定義もされず、主張や意見の正当化が具体的経験や個人的感覚の一般化ばかりで全く正当化になっていない。ある程度仕方ないんだが、哲学的訓練が不足しているってこういうことなんだな、という感じ。エラそーでスミマセンが、特に理系の方が「哲学」したい場合、せめて先行研究くらいは目を通して下さい、という感想です。2018/11/16

anti

3
素晴らしい。哲学の先行研究にはほぼ触れずに、世界、言葉、心といった概念を理系の立場から(とはいえ、大半は著者自身の言葉なので、ほぼ素手)分析していく。しかもその分析は、家族、リゾーム、無意識、道具(ハンマー!)、可能態と現実態、現象学、といった様々な哲学的モチーフと(偶然?)繋がる部分を多く持ち、さらに心に関して筆者が導いた結論は、同年に邦訳されたグレアム・ハーマンの『四方対象』のオブジェクト分析及び思弁的実在論の相関主義批判と奇妙な一致を見せる。生硬なところはあるが、哲学的思索のヒントに溢れた歴史的名著2018/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12485274

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。