新潮選書<br> シベリア抑留―日本人はどんな目に遭ったのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
シベリア抑留―日本人はどんな目に遭ったのか

  • 長勢 了治【著】
  • 価格 ¥1,870(本体¥1,700)
  • 新潮社(2015/05発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 34pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月21日 01時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 438p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106037672
  • NDC分類 210.75
  • Cコード C0331

出版社内容情報

拉致抑留者70万人、死亡者10万人。シベリア抑留とは何だったのか。8月15日以後に起きた「戦争悲劇」の真実を徹底検証する。

拉致抑留者70万人。死亡者10万人。「シベリア抑留」とは何だったのか。8月15日の終戦後、極東地域をはじめ、ウクライナや北極圏、中央アジアやモンゴルに至るまで、散り散りに移送された日本人たち。なぜ日本人は抑留され、数年から十一年も帰国できなかったのか。飢餓・重労働・酷寒の??シベリア三重苦?とソ連の暴虐、そして冷戦下の東西対立の中で「人質」となった歴史の真相を徹底検証する。

内容説明

8月15日の後に起きた「不条理な悲劇」を知っていますか?ソ連軍によって、軍人・民間人を問わず70万の日本人が拉致抑留された。その範囲は、極東地域をはじめ、ウクライナや北極圏、中央アジアやモンゴルにまで及ぶ。なぜ日本人は抑留され、数年から十一年も帰国できなかったのか。飢餓・重労働・酷寒の“シベリア三重苦”、ソ連の暴虐、そして冷戦の東西対立の中で「人質」となった歴史の真相を徹底検証する。

目次

第1章 ロシアの領土拡張およびソ連共産主義―シベリア抑留の前史(西方東漸―アジアはヨーロッパの植民地だった;ロシアの東征と南下―樺太、千島、満州、朝鮮へ ほか)
第2章 昭和二〇年八月九日、ソ連軍、満洲に侵攻す(第二次世界大戦中の日ソ関係;ソ連の宣戦布告、そして満州、北朝鮮への奇襲攻撃 ほか)
第3章 ソ連モンゴルへ移送せよ(スターリンの極秘指令九八九八号;「ダモイ」の嘘 ほか)
第4章 シベリア三重苦(飢餓、重労働、酷寒)に耐えて(飢餓地獄;強制労働―働かざる者食うべからず ほか)
第5章 貧弱な医療と杜撰な埋葬(貧しい医療と乏しい医薬品;抑留者の身体状況、罹病、死因 ほか)
第6章 日本人を思想教育せよ(思想教育(洗脳)は主要任務のひとつだった
「日本新聞」とシベリア「民主運動」 ほか)
第7章 夢に見たダモイ(帰国)(日ソ交渉と引揚げ第一船;送還を遅らせろ―引揚げの経緯 ほか)
第8章 長期抑留者は無実の囚人だった(「戦犯」の作り方;苛酷なる受刑生活 ほか)

著者等紹介

長勢了治[ナガセリョウジ]
1949年北海道生まれ。シベリア抑留研究者、翻訳家。北海道大学法学部卒業後、企業に勤めたのち退社し、ロシア極東国立大学函館校でロシア語を学ぶ。以後、ロシア側資料も踏まえ抑留問題を研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件