新潮選書<br> 髑髏となってもかまわない

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新潮選書
髑髏となってもかまわない

  • 山折 哲雄【著】
  • 価格 ¥1,210(本体¥1,100)
  • 新潮社(2012/05発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 55pt
  • 在庫が僅少です。通常、3~7日後に出荷されます
    ※事情により出荷が遅れたり、在庫切れとなる場合もございます。
    ※他のご注文品がすべて揃ってからの発送が原則となります(ご予約品を除く)。
    ※複数冊ご注文はお受けできません。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常、3~7日後に出荷されます

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106037047
  • NDC分類 114.2
  • Cコード C0395

出版社内容情報

必ず死ぬ。その覚悟が本当にできた時、人の晩年は安楽になる。鴎外、漱石、子規、賢治、西行……先人たちの末期を読み、涅槃を想う。

人生の「ラスト20年」をどう生きるか? 死を覚悟した時に輝く生とは? 人は必ず死ぬ。にもかかわらず、現代の日本人は長生きこそ善とばかりに、死を不浄なものであるかの如く忌み嫌うようになってしまった。しかしかつての日本人は死生観をもって生き、だからこそ輝く晩年を送ったのではなかったか。良寛や芭蕉から鴎外、漱石、子規、茂吉、賢治まで、先人たちの末期を読み、彼らの「涅槃」を想う。

内容説明

人は必ず死ぬ。にもかかわらず、現代社会はそれが不浄なものであるかの如く死を忌み嫌う。長生きこそ善とばかりに、いつしか「老病」に怯えながら、安寧の少ない晩年を生きるようになってしまった。死を見つめながら生きるとはどういうことか?死を覚悟した時に輝く生とは?鴎外、漱石、子規、茂吉、賢治、西行、芭蕉ら、先人たちの末期を読み、涅槃を想う。

目次

序章 願はくは花の下にて
第1章 死に支度の時
第2章 失なわれた鎮魂のこころ
第3章 それでも山河あり
第4章 ローソクの火が消えていくように
第5章 漱石、最期の願望
第6章 宮沢賢治の末期の声
私の「つぶやき」―「あとがき」に代えて

著者等紹介

山折哲雄[ヤマオリテツオ]
宗教学者、評論家。1931年、アメリカ・サンフランシスコ生まれ。1954年、東北大学インド哲学科卒業。国際日本文化研究センター名誉教授(元所長)、国立歴史民俗博物館名誉教授、総合研究大学院大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

7
死を見つめながら生きることとは何かを、3.11後の日本を見つめながら宗教家が思索する。人間の致死率100%と言ったのは、養老孟司だったろうか。このことは自明のことでありながら、自分が死ななければならないということを納得できないところに人間の懊悩がある。自分自身をいかに平穏のうちに始末するか、その納得の最大のカードが自然に帰るという「涅槃願望」にあるという。うらうらとした気持ちで「花より命をぞなお惜しむべき待ちつくべしと思ひやはせし」と詠んだ西行の心境に至るには、まだまだ遠い。2013/01/20

AZUMAX

4
「髑髏となってもかまわない」とはまたすごいタイトルである。何も自分がそう思っているわけではないが、人間いつ何が起こるか分からないものである。最近はそのようなことを時々ふと考えるようになった。本書は、先人達が遺した文章(主に死期を目前にしたもの)を取り上げ、著者独自の視点からそれぞれの死への思いや覚悟を解き明かしたものである。そこで読者である我々の、生への執着や死から無意識に目を背ける態度に対して何らかの気づきを与えようとしている。著者本人が高齢ということもあり(その割に今も元気そうだが)、(続く)2012/06/24

頭の中がメルヘンちゃん

3
久しぶりに物語以外で心に響く読み物を読んだ。第二章の冒頭、死小説についてのくだりがとりわけいい。西村賢太の受賞のことばを例に挙げ、私小説を「自分の恥辱を他人事のように記してのけることをめざして滅びの道をゆく、そういう覚悟のすえに踏みきられた小説」と言いきる姿勢に感服する。重く響く良作でした2012/12/29

みぃ

0
著名人の死生感を通して死について考えさせられた。 時代背景と死生感は密着していると感じた。 ⭐︎32021/11/04

げんごろう

0
『ひとりの覚悟』を読んだ後に題名にひかれて読んだ。 年間の自殺者が3万人もいると聞いて大変だと思っていたが、その理由が一様でないと気付いた。また、 漱石、鴎外、賢治の小説ほとんど読んでないことにも気づいた。2020/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4806150

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。