新潮選書
自然はそんなにヤワじゃない―誤解だらけの生態系

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106036392
  • NDC分類 468
  • Cコード C0345

内容説明

ブラックバスは排除し、サケの放流は推奨する。トキの心配はするが、そのエサとなっている稀少なカエルには冷たい。ご都合主義の生態系観には枚挙にいとまがない。人は、かわいい動物、有益な植物はありがたがり、醜い生き物、見えない微生物は冷遇しがちだ。人類が生き延びるには、生物の多様性を心配するより、公平な生態系観を確立することが大切なのだ。

目次

第1章 生物を差別する人間(邪魔者扱いされる雑草;すばらしい庭でしょう ほか)
第2章 生物多様性への誤解(生物多様性と直感;プランクトンは殺虫剤にどう反応したか ほか)
第3章 人間によってつくられる生態系(温暖化で増える生物もいる;見えることの落とし穴 ほか)
第4章 生態系は誰のためにあるのか(存在するだけで影響を与えている;故郷は人によってちがう ほか)

著者等紹介

花里孝幸[ハナザトタカユキ]
1957年東京生まれ。信州大学山岳科学総合研究所教授。理学博士。千葉大学理学部卒。国立環境研究所研究員を経て現職。専門は陸水生態学。特に湖沼の動物プランクトンの生態研究が中心(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。