ジレンマの社会学

個数:

ジレンマの社会学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月26日 15時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 274p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784623089772
  • NDC分類 361.04
  • Cコード C3036

出版社内容情報

本書は、私たちが日常的に経験するさまざまな悩みや岐路を足がかりに、そこに潜むジレンマとその解決策を掘り下げながら、社会学の基本的なものの見方や基礎概念を学ぶように編まれている。読者は各章の課題にとりくみ、ジレンマをめぐる課題の奥深さを体感しながら、その解決にともに悩んでほしい。このトレーニングによって、生きる力としての社会学が身につくだろう。

内容説明

日的に経験するさまざまな悩みや岐路を足がかりに、そこに潜むジレンマとその解決策を掘り下げながら、社会学の基本的なものの見方や基礎概念を学ぶ。

目次

第1部 生活のジレンマ(つながりのジレンマ;どうすれば献血者は増えるのか;教育で貧困の世代的再生産が防げるのか;なぜ都市への人口集中が続くのか)
第2部 家族のジレンマ(なぜ私たちは母親の頑張りを求めるのか;シングルマザーの貧困はなぜ解消されないのか;性的少数者にとって家族はどのような存在か;家族の負担にならない自宅死は実現できるか)
第3部 組織のジレンマ(雇用形態の多様化は女性に労働の自由をもたらすのか;給与が増えれば介護職は魅力的な仕事になるのか;自主性を重んじるとチームは強くなるのか;災害時になぜデマが駆け巡るのか)
第4部 共生のジレンマ(特定の集団への悪感情をどう考えるか;死や災害に関する観光地になぜ人は集まるのか;多文化主義はなぜ失敗したのか;幸福のジレンマ)

著者等紹介

三隅一人[ミスミカズト]
1960年生まれ。1986年九州大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程単位取得退学。2007年博士(社会学)(関西学院大学)。現在、九州大学大学院比較社会文化研究院教授

高野和良[タカノカズヨシ]
1963年生まれ。1991年九州大学大学院文学研究科地域福祉社会学専攻修士課程修了。現在、九州大学大学院人間環境学研究院教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

0
つながりのジレンマ:絆が求められる社会・緩やかな社会的統合 どうすれば献血者は増えるのか:社会的連帯の形成 貧困と不平等の違い 機会の平等で貧困はなくしうるか 教育の不可能性と可能性 育児買任を引き受ける母親たちの苦しみ ジェンダー平等の福祉を実現 パートナーシップ制度と同性婚 正規労慟者になりたがらない女性たち 介護職の社会的承認 自主性と規律のジレンマ リーダーを演じる難しさ 情報社会と流言 悪感情はどのように生じるのか ダークツーリズム 多文化主義の挑戦と衰退 永遠のテーマとしての幸福のジレンマ2020/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16523213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。