新潮選書<br> 江戸の閨房術

個数:

新潮選書
江戸の閨房術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年03月26日 14時17分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784106035470
  • NDC分類 384.7

内容説明

江戸時代、いかに男女の交合を楽しむかという観点から、多くの色道指南書(奥義書)がまとめられた。『好色訓蒙図彙』『房内戯草』『閨中紀聞 枕文庫』など、今に残る諸冊子をひもとき、「玉門品定め」から前戯、交接方法、九体位、「新鉢を割る」方法、秘具・秘薬の実際まで、その過程ごとに挿絵を添えながら紹介し、世界に冠たる庶民文化の先進性を明らかにする。

目次

玉門品定め
玉門には三玉あり
開渡しと口吸い・口取り(オーラル・セックス)
津液の神秘(愛液はどこから)
九浅一深(男の効果的な交合運動)
交合体位(どんな接し型があるか)
世界に冠たる色道の奥義
夜這の法と目視の法
新鉢を割る
女の立場からの交合
尻は格別(衆道の楽しみ方)
『秘事作法』にみる御殿女中の性の奥義
江戸の閨房秘具と秘薬

著者紹介

渡辺信一郎[ワタナベシンイチロウ]
江戸庶民文化研究者。1934年東京生まれ。早稲田大学卒。元都立深沢高校校長。1965年より古川柳研究会会員。蕣露庵主人の筆名もある。2004年没

出版社内容情報

女には三つの「玉」がある?! 驚愕すべき江戸の「ハウ・ツー・セックス」。 
江戸時代、いかに男女の交合を楽しむかという観点から、多くの色道指南書がまとめられた。『好色訓蒙図彙』『房内戯草』『閨中紀聞 枕文庫』などの諸冊子をひもとき、「玉門品定め」から前戯、交接方法、九体位、「新鉢を割る」方法、秘具・秘薬の実際まで、それぞれ詳細な挿絵を添えて紹介し、当時の庶民文化の先進性を明らかにする。