• ポイントキャンペーン

ハレルヤ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 173p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103982081
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

片目の猫、花ちゃんが、18年と8ヵ月かけて教えてくれたこと。心を揺さぶる四つの短篇。川端康成文学賞第44回受賞作「こことよそ」収録。

著者等紹介

保坂和志[ホサカカズシ]
1956年、山梨県生まれ。鎌倉で育つ。早稲田大学政経学部卒業。1990年『プレーンソング』でデビュー。93年『草の上の朝食』で野間文芸新人賞、95年『この人の閾(いき)』で芥川賞、97年『季節の記憶』で平林たい子文学賞、谷崎潤一郎賞、2013年『未明の闘争』で野間文芸賞、18年、『ハレルヤ』所収の「こことよそ」で川端康成文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

片目の猫、花ちゃんとの最後の日々「ハレルヤ」他、生きること死ぬことの発見を描いた傑作短篇集。川端賞受賞作「こことよそ」併録。世界があれば、生きていた命は死んでも生きつづける――。キャウ! 一九九九年に作家夫婦の家にやってきた片目の猫、花ちゃんは、十八年八ケ月を生きて、旅立った。死は悲しみだけの出来事ではないと、花ちゃんは教えた(「ハレルヤ」)。死んだ友だちの葬儀で、彼と過ごした時間の歓びに満たされる川端賞受賞作「こことよそ」を併録。心が激しく動いたことが書かれた四つの短篇。

保坂 和志[ホサカ カズシ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件