おひで―慶次郎縁側日記

おひで―慶次郎縁側日記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 347p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103892069
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

「お前が一番大事だと言ってやっていれば。二度でも三度でも、おひでの気のすむまでそう言ってやれば、こんなことにはならなかったのだ」―。遅咲きの、佐七の恋の行方やいかに。江戸の市井の人々の姿を描いていまや日本一、森口慶次郎シリーズ、好調の第三弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイプ

13
この「慶次郎縁側日記」はいいですね。慶次郎とありますが、話の中心はごく普通の市井の男女。誰にでもあるちょっとした心のヨレから生じる切ない思いや行き場のない感情、やるせなさが残る終わり方もまたいいです。2015/05/27

ラスカル

10
「慶次郎縁側日記」シリーズ。事件にからむ話なのでやるせなく哀感をともなうものばかり。なかでも「騙し騙され 空騒ぎ」は心に沁みた。騙されてどうにもならなくて追い剥ぎを働こうとまで追いつめられた男が、土壇場で晃之助(慶次郎の養子)に助けられるという話。2019/08/20

ひろん

9
慶次郎縁側日記3作目。慶次郎の人物や、養子の晃之助のことも分かってきたので、読みやすくなりました。一話一話は短いのに、切ない話が多く、特におひでは何とかならなかったのかと思って手がとまりがちでした。2014/01/26

RAKUSI

8
表題「おひで」の二作目は悲しくなりました。悲しくて悔しくて次の作品を読む手がしばらく止まってしまいました。2017/10/21

だいしょう@SR推進委員会

1
人間に、ひがみや妬みが多かれ少なかれあるのは、この年まで生きていればわかっている。それでも、物語が端からその人の妬みから始まるのには、ちょっと閉口した。主要人物たちにその妬みはないのだが、それぞれ、解決しようもない鬱屈を抱えているのもやるせない。幸せや希望を感じない話が続く短編集なのだ。鬱な気分になりそう。感情のベクトルを変えるために、このシリーズを読むのに少し間をあけたいと思った。2011/07/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/480817

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。