汽車旅放浪記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 282p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103876038
  • NDC分類 915.6
  • Cコード C0095

内容説明

漱石が、清張が、そして宮脇俊三が描き、人々に愛された鉄道路線の数々―明治期の国鉄、満鉄、そして日本各地を巡るローカル線まで、読んで、乗って、調べて、旅する楽しい時間旅行。

目次

楽しい汽車旅(トンネルを抜ければ「異界」―上越線;東京のとなりの「鄙」―久留里線、いすみ鉄道、小湊鉄道;三十八年の一瞬―北陸本線 ほか)
宮脇俊三の時間旅行(蝉しぐれの沈黙―左沢線、山形鉄道フラワー長井線、米坂線;時刻表を「読む」ということ―のと鉄道、氷見線;ローカル線車内風景―只見線、大井川鐵道井川線、わたらせ渓谷鐵道 ほか)
「坊っちゃん」たちが乗った汽車(漱石と汽車―九州鉄道、山陽鉄道、東海道線;二十世紀を代表するもの―満鉄本線、三江線、東京路面電車;時を駆ける鉄道―都電荒川線、甲武鉄道 ほか)

著者等紹介

関川夏央[セキカワナツオ]
1949年新潟県生まれ。上智大学外国語学部中退。著書に、『ソウルの練習問題』(1984)、『海峡を越えたホームラン』(1984講談社ノンフィクション賞)、『中年シングル生活』(1997)、『「坊っちゃん」の時代』(2002手塚治虫文化賞)、『昭和が明るかった頃』(2002講談社エッセイ賞)、『白樺たちの大正』(2003)など多数。2001年には『司馬遼太郎の「かたち」』、『二葉亭四迷の明治四十一年』など、明治以来の日本人の思想と経験を掘り下げた業績に対し、司馬遼太郎賞が授賞された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文人たちに愛され、日本人の心に新しさと懐かしさを育んできた「鉄道」を旅する! 
汽車に乗って旅に出よう! これまで漱石が、太宰が、賢治が、清張が、そして百間、宮脇俊三たちが描き、人々に愛された鉄道路線の数々――明治期の国鉄、東京市電から満鉄、サハリン鉄道、そして日本各地を巡るローカル線まで、関川夏央が読んで、乗って、調べて、旅する楽しい時間旅行。旅情溢れるエッセイ集!