相棒に手を出すな

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103649069
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

腕力、資力ともに平均以下だが、詐欺師よりも口達者。追及されてもどこ吹く風。機転だけは天下一品の世間師コンビ。浮気調査で小金をせしめ、老舗旦那を煙に巻き、ヤクザ相手に一芝居。一枚上手の四面堂遙に、骨董商の凄腕婆さんが加わって、あの手この手のコンゲーム。この女たち、タダものではない…。騙される快感と鮮やかなオチ、ここに凝縮!名手の技と軽みきわまる痛快短編集。

著者等紹介

逢坂剛[オウサカゴウ]
1943年東京生まれ。中央大学法学部卒業後、広告代理店に入社。80年、「暗殺者グラナダに死す」で第19回オール讀物推理小説新人賞を受賞。87年、『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞を受賞。97年より執筆に専念(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えむ女

38
シリーズ物の2弾でした。仕事と名刺を使い分け、口先だけで稼ぐ男と、その男を軽くあしらうもっと凄腕の彼女は詐欺仲間。ちょっと笑えて憎めない短編集。2019/02/11

くらげ@

13
(☆☆☆)シリーズ第2弾。だましだまされの短編集。世間師の遥の出番が少ないためか前回よりも爽快さが欠けたように感じましたが、骨董屋のツルが登場し、良い刺激になっていると思います。今回は主人公が少しお人よし?抜けている?ような気がしないでも・・。でもそこが良いのかもしれないですね。2016/05/18

Shinichi Oota

5
買ってから続編と知りましたが、何も考えずに順調に読めました。 短編集なので1日1編ぐらいで読み進みましたが面白かったです♪2015/11/11

fukui42

4
シリーズものだったのね。しまったこっちから読んじゃった。まあ、それほどの謎解きもなく、あっさり読めました。2016/04/06

Taro

4
個人的には好きな作品。この種の類の本は、ハマってしまいます。短いながらも展開がきっちりしており、内容も面白かった。作者の細かいところの設定が、こだわりというか遊びというかそういうものも垣間見えて面白かったです。2011/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/488378

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。