サイバーセキュリティ―組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス

個数:
電子版価格 ¥1,870
  • 電書あり

サイバーセキュリティ―組織を脅威から守る戦略・人材・インテリジェンス

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月24日 03時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 272p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103530312
  • NDC分類 007.6
  • Cコード C0030

出版社内容情報

攻撃者の実像、その手口とは。守りの体制はどう構築するのか。防衛省出身のインテリジェンス専門家が、実例を挙げ対処法を伝授する。

内容説明

必要な「サイバー脅威インテリジェンス」の視点、ネットに潜む「危ない奴ら」の正体、セキュリティ人材に投資せよ―防衛省出身の第一人者が徹底解説!

目次

第1章 企業や国家を直撃するサイバー攻撃の実例(事業計画が盗まれ経営破綻;CEO解雇に至った「デジタル版振り込め詐欺」 ほか)
第2章 「闇の攻撃者」の正体(実は組織内部にも潜む脅威;留意すべき外部の攻撃者は国家と犯罪集団 ほか)
第3章 サイバー攻撃の最前線で戦うヒーローたち(サイバーセキュリティチームの構成;ITシステムの構築・運用・保守を担う情報システム部門 ほか)
第4章 今こそ役立つサイバー脅威インテリジェンス(そもそも「インテリジェンス」とは何か;サイバー脅威インテリジェンスの役割 ほか)
第5章 サイバー攻撃リスクの見える化と多層防御(経営層に分かりやすくリスクを説明するコツ;ヒートマップでリスクを見える化 ほか)

著者等紹介

松原実穂子[マツバラミホコ]
早稲田大学卒業後、防衛省にて9年間勤務。フルブライト奨学金を得て、米ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)に留学し、国際経済及び国際関係の修士号取得。修了後、ハワイのシンクタンク、パシフィック・フォーラムCSISにて研究員として勤務。日本に帰国後、株式会社日立システムズでサイバーセキュリティのアナリスト、インテル株式会社でサイバーセキュリティ政策部長、パロアルトネットワークスのアジア太平洋地域拠点における公共担当の最高セキュリティ責任者兼副社長を歴任。現在、NTTのチーフ・サイバーセキュリティ・ストラテジストとしてサイバーセキュリティに関する情報発信と提言に努める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はるわか

14
世界が直面するサイバー犯罪の2015年の年間被害額は推計3兆ドル(330兆円)。2021年には倍増(日本のGDP超え)と予想。サイバーセキュリティ上の脅威:内部、外部(個人、犯罪集団、国家のサイバー部隊)。国家をバックにした高度なサイバー攻撃(北朝鮮、ロシア、中国)。ITで取り払われた安全保障とビジネスの壁。産業スパイを巡る米中の対立。圧倒的に少ない日本のセキュリティ人材と予算。2020/02/04

たこ焼き

7
Csirtというサイバー攻撃への駆けつけ救助隊。ハニースポットでサイバー攻撃をおびき寄せる。サイバーセキュリティのアウトソースはどこまでやれば良いのか、産業横断サイバーセキュリティ人材育成検討会。セキュリティー部門は普段感謝されず、問題が発生した時に詰められるのでストレスが大きい。レッドチームを作って、社内で攻撃のシミュレーションをする。サイバーセキュリティ製品だけでなく、社内でセキュリティー人材を内製すべし。2021/05/29

Yuichi Tomita

2
再読。割とスタンダードなことが技術的なことは含まずに書かれていて、そこが分かりやすい。2020/11/01

Yuichi Tomita

2
だいぶ前に買ったものをようやく読了。 サイバーセキュリティに関する書籍で書かれているのは、今起こっている脅威、日本がいかに遅れているか、人材不足、現場の疲弊、情報共有の重要さ、経営の理解を得ることの重要さ。 この本もその範囲は出ないが、サイバーインテリジェンスの重要さが述べられているのは、防衛省出身であることが影響しているか。2020/10/18

侘び寂び侘助

2
これまでも重要、これからもさらに重要となるサイバーセキュリティについて書かれている。ただただ、本邦のセキュリティが心配になるが、今からでも遅くないので啓蒙していくのが大切。関連分野に視野を広げておきたい。2020/03/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14687269

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。