小林秀雄―最後の音楽会

個数:

小林秀雄―最後の音楽会

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2019年10月20日 01時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 245p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103527916
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

一九八二年十二月二十八日、夜―。小林秀雄はもはや、音楽を聴く体力も気力も失い、病床に臥せっていた。その小林秀雄の耳に、戦後まもなく、日比谷公会堂で聴いて震えたあのヴァイオリニストの音色が、テレビの電波に乗って届いたのだ。彼は身を起こし、一階に降り、妻と並んで奇蹟のプログラムに耳を澄まし続けた…その二ヶ月後であった、一九八三年三月一日、小林秀雄は八十年の生涯を閉じた。愛読三十余年の気鋭が描く近代批評の創始者の生涯にわたる音楽との宿縁!

目次

契りのストラディヴァリウス
小林秀雄の「時」―或る冬の夜のモオツァルト
ブラームスの勇気

著者等紹介

杉本圭司[スギモトケイジ]
1968年、北海道生まれ。大学入学後、舞台芸術の世界に没入し、11年間の創作活動を経て2001年、小林秀雄研究を志す。2013年4月、『考える人』に「契りのストラディヴァリウス」を発表してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

小林秀雄が最も愛したモーツァルト。晩年に深く傾倒したブラームス。音楽の精神に育まれた小林秀雄の批評の本質に迫る評論集。