詩人の妻 生田花世

詩人の妻 生田花世

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 208p
  • 商品コード 9784103409038
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

あの烈しい愛はどこにいってしまったの…。大正期、詩集『霊魂の秋』により一世を風靡しながら、人生への強い不安と厭世観にとらわれ、瀬戸内の海に身を投げた詩人・生田春月と、年上の妻・花世の、愛憎に彩られた15年の日々…女にとって“結婚”の意味を問う力作長編!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

駄目男

2
春月の自殺は何ゆえであったか。「女性関係で死ぬのではない。謂はゞ文学者としての終りを完うせんがために死ぬやうなものだ」と言っているが、やはり自殺者の真意は解り兼ねる。妻の歌世との馴れ初めはよく解ったが、しかしながら現在では、あり得ないような出会いと結婚だ。 事実は内縁関係のようだが、所詮は文壇にありがちな女性問題を抱えての諍いが不和の原因。しかし、この忘れ去られた作家の本と巡り合うのは、まず稀なこと。 古書店で見つけて即買いしたが、新潮の本でありながら文庫化されていないのが残念だ。2016/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/249403

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。