20世紀最後の戯曲集

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

20世紀最後の戯曲集

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 210p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103405122
  • NDC分類 912.6
  • Cコード C0093

内容説明

鶴屋南北戯曲賞、紀伊国屋演劇賞個人賞、芸術選奨文部大臣賞を受賞した野田演劇の記念碑的作品集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おぬち

28
久々に再読。やはり野田さんは面白い。舞台上で見たほうがそりゃ面白いんですが、活字で読んでも楽しい。戯曲本ははやり声に出して読みたくなるからほんと心も体も楽しめて大満足2020/07/27

けいこ

14
『パンドラの鐘』のみ読了。動画サイトでお芝居を観てから読みました。古代国家と2.26事件あたりの日本を行き来していて、戦争や長崎の原爆などをテーマにしているらしい。不思議なお話だったけど、最後に明かされる登場人物ミズオの名前の由来にゾクッと来ました。2018/04/30

やまねっと

5
これを読む前にパンドラの鐘の映像を見た。それと比べてもやはり舞台化したほうが劇的に面白く感じた。 戯曲はあくまでテキスト。野田戯曲のト書きは最小限に書かれるから上演者はその腕を試される。 あんなに面白く無いと思っていたカノンが、読んでみてなかなか面白かったのは収穫であった。 right eyeは上演を観たかった。野田さんもやっておきたかったもののひとつなのだろうと読んで感じた。2020/06/02

Moeko Matsuda

5
「カノン」以外は公演も観たことがなく、全くの初見。収録作のすべてが超名作だとは知っていたが、まさかこんなに凄まじい作品だったとは…特に「パンドラの鐘」は、時期も相まって深く心に残った。争うことの無意味さと虚しさを問う珠玉の三作。もし私が役者なら、どうしてもこの作品に携わってみたいと願っただろう。この戯曲は文字のままでも面白い。これが立体的に表現されたらどんなふうになるんだろう…どこかに映像は残ってないものだろうか…。演劇の形式として表現されたらこの作品を、是非とも是非とも観てみたい。2019/08/09

Washoe2.0

2
“ いや違う。そうしてすり替えていってはダメだ。この銃の次は何だ。何を手に持つ、沙金、頼む聞いてくれ、その銃をおろせ。俺にお前を救わせてくれ。お前と一緒に俺を救わせてくれ。”2021/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490914

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。