関東大震災と鉄道

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784103325611
  • NDC分類 686.213
  • Cコード C0095

内容説明

駅は炎上し、旅客を満載した列車は海に転落した。89年前、激震と猛火に立ち向かった鉄道員たちの機転と勇気。

目次

第1章 根府川駅大惨事(国府津発真鶴行き普通列車)
第2章 巨大ターミナルと群衆(東京駅「早く線路に飛び降りろ!」;上野駅避難列車、発車できず)
第3章 急停車した列車の運命(関東大震災、被害の全貌;一二五本の列車 ほか)
第4章 通信と報道(鉄道電話寸断;めざせ、大阪一番乗り)
第5章 猛火との戦い(三日間燃え続けた東京市内;東京駅の存亡は、車掌室の死守にあり ほか)
第6章 避難列車(避難民を無賃輸送;避難列車道中記―大震災に人情あり ほか)

著者等紹介

内田宗治[ウチダムネハル]
1957年東京生まれ。早稲田大学第一文学部心理学科(社会心理学)卒業後、実業之日本社入社。旅行ガイドブック・情報版編集者、経済誌記者として国内、海外各地を取材。ブルーガイドてくてく歩きシリーズ編集長などを経て、フリーに。旅行、鉄道、地域活性化といった分野のほか、電気と電力会社の現状と歴史、産業遺産、湧水・地下水と上下水道、廃川跡散歩及び映画関連の雑誌取材・執筆が多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

駅と線路は大破消失、トンネルと鉄橋は崩落、車両は燃えかすに。日本鉄道史上最悪の惨事となった大震災時の鉄道と人間のドラマ。

大地震の兆しに必読! 激震と猛火に立ち向かった鉄道員の機転と勇気。鉄道史上最大の被害をもたらした大震災。その時、鉄道員は、乗客は――。焼損した車両九百両以上、百六十以上の駅が倒壊または焼失。駅に押し寄せる群衆。迫る火に立ち向かう駅員たち。海に転落した車両から脱出した乗客……。首都圏直下型地震が心配されるいま、時を超えて大震災の現実に迫る渾身のドキュメント。