ツナグ―想い人の心得

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

ツナグ―想い人の心得

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月18日 02時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 284p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103283232
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

累計100万部の大ベストセラー、待望の続編。亡くなった人との再会を一度だけ叶えてくれる使者「ツナグ」のあれから7年後とは――

内容説明

顔も知らない父親に、事故死した幼い娘に、片思いしていたあの人に、もしも会えるなら。一生に一度だけの死者との再会を叶える使者「ツナグ」。長年に亘って務めを果たした最愛の祖母から歩美は使者としての役目を引き継いだ。7年経ち、会社員として働きながら依頼を受ける彼の元に、亡き人との面会を望む人々が訪れる。依頼者たちは、誰にも言えぬ想いを胸に秘めていて―。

著者等紹介

辻村深月[ツジムラミズキ]
1980年2月29日生まれ。千葉大学教育学部卒業。2004年『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞し、デビュー。2011年『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞、2012年『鍵のない夢を見る』で第147回直木賞、2018年『かがみの孤城』で第15回本屋大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ろくせい@やまもとかねよし

861
2011年「ツナグ」の続編。人間の生死を深く温かく考察する5つの切り口が異なる物語で綴る。人間が生きることは、究極それぞれ個人の意識でしか理解できない。一方、その意識は自己が生きている事実のみではなく、他者の死から受ける想いが不可欠で、それが尊いと表現する。全ての編では、近親者の死を機に、死者への想いを巡らせる。辻村さんが描写する死からの想いは、功利や名誉から全く切り離し、自発的に生じる利己を超える利他であった。強く胸を打った。主人公の「本当に嬉しい時、自分の好きな人にそれを見せたくなる」が印象に残った。2020/01/05

starbro

779
辻村 深月は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。先日読んだ『ツナグ』に続いて第二弾が11月中に読めました。パターン化していますが、各短編とも高いクオリティでした。オススメは、表題作の『想い人の心得』です。シリーズは継続、第三弾もありそうです。2019/11/22

ウッディ

769
亡くなった人ともう一度だけ逢いたい、そんな願いをかなえる使者(ツナグ)。想いを寄せる女性のために、使者と会うことになった男優が、自分と母を捨てた父と会い、後押しされる「プロポーズの心得」に勇気をもらい、水難事故と病気で娘を失った二人の母親が、娘との再会を果たす「母の心得」に涙が溢れました。他の3編も含めて、優しく切ない物語で、心が震えました。生者も死者もそれぞれ一度しか使えないというルールも、切ないです。続編でまた歩美に会いたい、そして、現実でも使者と繋がれれば良いのに・・。面白かったです。2020/07/19

zero1

731
余韻の深さは継続。続編でも質は下がらず。使者を引き継いだ歩美。大学卒業後の話。最初のエピソードで【代理】の杏奈が登場。小学生だが【秋山の家】で当主。何故、代理が必要だったかは前の巻を読んでいれば理解できる。他にも歴史上の人物に会いたい元校長。言葉の壁は乗り越えられる?娘と再会したい母親二人。想いの深さが伝わる。変化球は工房の主人。女は強い?最後に何度も断られたケース。依頼人だけ年齢を重ねる。依頼者だけでなく使者の悩みも描写されていて満足。流石は直木賞作家のスケールを超える実力者の辻村。三作目にツナグ?2020/03/25

パトラッシュ

701
このシリーズを読んでいると、ユーミンの「やさしさに包まれたなら」を思い出す。とうに神様なんていないとわかる大人になって、夢をかなえてくれる奇蹟に出会った人びとの物語なのだ。憎んでいるから、愛しているから言葉を交わせず終った悔いが残るからこそ心にしまい忘れた大切な箱を開くと決めて、故人に逢うため<使者>に連絡を取る。知らなければよかった真実もあるが、少なくともここで綴られるのは知った者を優しい気持ちで目覚めさせるメッセージとなる。使者の仕事を重ねる歩美が愛を知り、悔いを残さないため告白を決意する姿が美しい。2021/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14505791

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。