日本の聖域(サンクチュアリ)―この国を蝕むタブー

個数:
電子版価格 ¥1,209
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

日本の聖域(サンクチュアリ)―この国を蝕むタブー

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月09日 17時06分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784103244233
  • NDC分類 304

内容説明

病理に蝕まれた「悪」は、知られざる「聖域」に潜んでいる―。この国の組織や制度に巣食う「タブー」を白日の下に晒し、利権を貪る鉄面皮たちを炙り出す!!

目次

第1部 この国の深淵をのぞく(理化学研究所―利権にまみれた「科学者の楽園」;東宮―皇室危うくする雅子妃;学習院―「皇族教育機関」の終焉 ほか)
第2部 不義と不正の巣窟(人工妊娠中絶―年間二十万近くの「捨てられる命」;中国大使館―母国情報機関の一大集結地;公安警察―この国の「諜報世界」を歪める者 ほか)
第3部 欲望に勝るものはない(私大と新聞の「異様な関係」―無能学生濫造を促進;農薬ムラ―有害「ネオニコ系」を野放し;日本内科学会―医療費を食い荒らす利権集団 ほか)

出版社内容情報

理化学研究所、中国大使館、公安警察――この国に巣食う組織や制度の「タブー」の数々。会員制情報誌「選択」の人気連載を一冊に!

病理に蝕まれた本物の「悪」は、知られざる「聖域」に潜んでいる――。理化学研究所、国立がん研究センター、中国大使館、教育委員会、防衛省情報本部、農薬ムラ――この国の組織や制度に巣食う「タブー」を白日の下に晒し、世の悪しき「聖域」に潜み利権を貪る鉄面皮たちを炙り出す。本物の「悪」は誰なのか? 会員制情報誌の人気連載を一冊にまとめた、大好評シリーズ、怒りの第3弾!!