新潮文庫<br> カラマーゾフの兄弟〈中〉 (47刷改版)

個数:
電子版価格 ¥924
  • 電書あり

新潮文庫
カラマーゾフの兄弟〈中〉 (47刷改版)

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2024年02月22日 22時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 615p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784102010112
  • NDC分類 983
  • Cコード C0197

内容説明

19世紀中期、価値観の変動が激しく、無神論が横行する混乱期のロシア社会の中で、アリョーシャの精神的支柱となっていたゾシマ長老が死去する。その直後、遺産相続と、共通の愛人グルーシェニカをめぐる父フョードルと長兄ドミートリイとの醜悪な争いのうちに、謎のフョードル殺害事件が発生し、ドミートリイは、父親殺しの嫌疑で尋問され、容疑者として連行される。

著者等紹介

ドストエフスキー[ドストエフスキー][Достоевский,Фёдор М.]
1821‐1881。19世紀ロシア文学を代表する世界的巨匠。父はモスクワの慈善病院の医師。1846年の処女作『貧しき人びと』が絶賛を受けるが、’48年、空想的社会主義に関係して逮捕され、シベリアに流刑。この時持病の癲癇が悪化した。出獄すると『死の家の記録』等で復帰。’61年の農奴解放前後の過渡的矛盾の只中にあって、鋭い直観で時代状況の本質を捉え、『地下室の手記』を皮切りに『罪と罰』『白痴』『悪霊』『未成年』『カラマーゾフの兄弟』等、「現代の予言書」とまでよばれた文学を創造した

原卓也[ハラタクヤ]
1930年東京生れ。東京外国語大学ロシア語科卒。同大教授、学長を歴任。トルストイ、チェホフ、ドストエフスキー等の翻訳多数
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のっち♬

144
長老の生涯と死は『大審問官』に対する反論でもあり、自由や個性を追い求めて隷属と孤独へ向かう人類に心理的改革の必要性を訴えかける。遺体の腐臭は三男に人類の罪深さを知らしめた上で全人愛へ向かわせるためのシグナルともとれる。ここから物語はこれを例示した地上的ドラマが"狂暴なカラマーゾフの力"で一気に加速。愛憎入り乱れたロマンス、金策に奔走するコメディ、スリリングなサスペンス…思想や表現に留まらない著者のあらゆる執筆エッセンスが結実している点も本作の魅力だろう。「わたしたちはみんな薄情です、みんな冷血漢ばかりだ」2018/12/07

ナマアタタカイカタタタキキ

133
こうも大規模な作品だと、如何様にも読めるのだと感じた。聖人とされていたにもかかわらず、死後腐臭を放つゾシマ長老の過去の話は心に残った。我々は誰しもが、全ての人々に対してあらゆる面で罪深い人間であるのだ。罪とは、外的な行為だけでなく、その行為を引き起こしかねない内的な状態のことをも指す。それを己の中に見出だした時、人は何を思うのか。…その後暫く続くミーチャの場面で彼の印象ががらりと変わる。直情的で何をしでかすかわかりかねる彼の言動の中に、一種の純真さを見た気がした。フョードルを殺したのは彼ではない?下巻へ。2021/04/19

青蓮

122
ゾシマ長老が死去することでアリョーシャは己の「神」を失い、信仰すら棄ててしまうのかなと危惧してましたが杞憂でした。「内なる」ゾシマ長老と邂逅することで更に信仰を深めていく場面は感動的。ゾシマ長老の腐臭についてはなかなか理解が及ばなかったものの、彼は慈愛に満ちた立派な僧侶だったと思います。第八編のミーチャから俄然物語が面白くなってきて、とても惹き込まれました。ドミートリイの世間知らずなお坊ちゃま振りが笑いを誘うけれど哀れにも感じました。父親殺しの嫌疑をかけられ、物凄い言い訳をする彼の精神力には圧倒。下巻へ。2016/10/26

ハイク

121
ドミトリーの話になって夢中で読み進む。前半はゾシマ長老の青年期の独白は興味深かった。積極的な生き方がその後の人生を作ったのかなと思う。長老は人間を超越した生き方である。後半はドミトリーの父親殺しと大金の持参の収支に関する描写と裁判の話だ。丁寧な描写で登場人物の心理描写が読み手に伝わる。彼は婚約者のカチェリーナと別れグルーシェンカの愛を勝ち取るが、警察から父親殺しの犯人とされ予審で追及される。本人は否定するが数々の証拠により有罪の判決が出され監獄に入れられる所で中巻は終了する。この結末は下巻の楽しみだ。 2017/11/16

れみ

107
ついに起こったカラマーゾフ家の父フョードルの殺害事件。ちょうどその時刻の息子ふたりの行動を描いた「アリョーシャ」と「ミーチャ」の章は時間軸を把握しながら読むのが重要。「予審」でミーチャ(ドミートリィ)が語るカラマーゾフ家の庭での出来事や大金の出所についてはぽっかり穴が空いた状態。悪い人じゃないけど迂闊だしお馬鹿さんだなあ…と思わずにはいられないミーチャの今後やいかに。2020/01/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/580308
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。