新潮文庫<br> すえずえ

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

新潮文庫
すえずえ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月18日 09時53分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 341p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101461342
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

若だんな、ついに許嫁を決める? そんな中、仁吉と佐助はある決断を迫られる。一太郎と妖たちの未来が開けるシリーズ第13弾。若だんなの許嫁が、ついに決まる!? 幼なじみの栄吉の恋に、長崎屋の危機……騒動を経て次第に将来を意識しはじめる若だんな。そんな中、仁吉と佐助は、若だんなの嫁取りを心配した祖母のおぎん様から重大な決断を迫られる。千年以上生きる妖に比べ、人の寿命は短い。ずっと一緒にいるために皆が出した結論は。謎解きもたっぷり、一太郎と妖たちの新たな未来が開けるシリーズ第13弾。

畠中 恵[ハタケナカ メグミ]

内容説明

若だんなの許嫁が、ついに決まる!?幼なじみの栄吉の恋に、長崎屋の危機…騒動を経て次第に将来を意識しはじめる若だんな。そんな中、仁吉と佐助は、若だんなの嫁取りを心配した祖母のおぎん様から重大な決断を迫られる。千年以上生きる妖に比べ、人の寿命は短い。ずっと一緒にいるために皆が出した結論は。謎解きもたっぷり、一太郎と妖たちの新たな未来が開けるシリーズ第13弾。

著者等紹介

畠中恵[ハタケナカメグミ]
高知県生れ、名古屋育ち。名古屋造形芸術短期大学卒。漫画家アシスタント、書店員を経て漫画家デビュー。その後、都筑道夫の小説講座に通って作家を目指し、『しゃばけ』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞。また2016(平成28)年、「しゃばけ」シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

176
最近はさまざまなあやかしが縦横無尽に出てくる感じがしています。相も変わらず体の弱い若旦那のそばにいておせっかいをやくような感じです。いよいよお嫁さん候補が、ということで許嫁ができた様な感じです。まだまだでしょうけどね。いつもながら軽いノリで楽しませてくれます。2016/12/05

sin

113
“サザエさん”や“まる子ちゃん”は過去を切り取った物語だから何度も同じ新年を迎えるのだろうが…物語とはいえ“一太郎”は定命の存在であるからにはそのゆく末が在るのだろう。『えどさがし』に感じた不在という寂寥感はここでは転生という希望に置き換えられて妖たちとの末永い安寧の時を約束しているようだ。2016/12/16

ゴンゾウ

108
人間と妖との寿命の違い。改めて考えるととても悲しいことですよね。時間の経過は避けられない。変わらないことなんて何もない。 そして人の生命には終わりがある。若旦那が亡くなってもまた、生まれ変わるまで待ち続ける。感動しました。2019/05/12

魔王

99
3年ぶりぐらいに見ました。自分も若旦那の離れに来た感じで楽しい気分になりました。安定した面白さがありますよね。2017/01/01

あっか

82
シリーズ第13弾。来年、明日、とこしえ、千年、来月…今巻は未来がテーマになっている。読後、こんなにタイトルにしみじみ感慨深さを覚えたのは『すえずえ』が1番かもしれない。若だんなや妖たちにとって転機となるような一冊でした。「この世で待っていることにしました。若だんなが生まれ変わるのを」。仁吉のふいなセリフにぐわっと涙腺が刺激されました…(;ω;)言われてみたいわー。もう仁吉も佐助も最高!金次の怖さも最高…笑2018/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11230881

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。