新潮文庫<br> ゴルファーを笑え!

  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
ゴルファーを笑え!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101460215
  • NDC分類 783.8
  • Cコード C0175

内容説明

棒と丸い物さえあればスイングしたくなる。大地に穴ボコが開いていれば入れたくなる。それが人間の本能ナノダ。中国の皇帝やローマの将軍は、仕事そっちのけで熱中し、シェークスピアも病み付きになった!?そんな魔性のスポーツに憑かれたゴルフ狂のエピソードに抱腹絶倒する。古代のアマをめぐる奇談から昨今のプロの珍談まで、日本全国のゴルフ愛好家に捧げるこだわりの一冊。

目次

1 はじめにゴルフありき
2 紳士の中の紳士たち
3 プロといえども…?
4 これぞプロフェッショナル!
5 知られざる天才たち
6 フェアウェイの文豪たち
7 すべてはゴルフのせい

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

tai65

2
星5つ2014/01/17

しんこい

2
前に読んだ時はゴルフをやった事もなくただ、ふむふむでしたが、自分でもやるようになって読むと、なぜあんなスポーツに麻薬のようにとりつかれるのか、とかゴルファーそれぞれの心理もごもっともと分かります。2013/03/10

HORI

1
有名なゴルファー達、知られざる名ゴルファー達の人となりが伝わってくる。古い時代のゴルフの息吹を楽しむ。2019/01/26

mj

1
「ボールを置くと、打つことばかりに熱中して肝心のスウィングがわからなくなる。スウィングさえ正しければ必ずいい結果が得られるのがゴルフ。ボールは素振りの仕上げに少し打てばよい」というジョン・ボールの言葉は、氏の著作では繰り返し紹介されています。わりと素振りをやっているほうだとは思うのですが、上手くなりません。スウィングが正しくないのでしょうね。2016/03/20

Makoto Gyakushi

1
ゴルフに取りつかれた人たちのうんちく話が満載。神がかり的な伝説のゴルファーがこんなにもいたとは・・・2012/01/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/73922

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。