新潮文庫<br> 時刻表百年史

新潮文庫
時刻表百年史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 251p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101435022
  • NDC分類 686.55
  • Cコード C0165

内容説明

明治5年、新橋~横浜間に鉄道が開業した時、駅に貼り出された「汽車出発時刻表及賃金表」が、現在のような、市販の月刊冊子型になったのが明治27年の「汽車汽船旅行案内」。以来、鉄道の発展とともに幾千種と発行され、私たちの生活になくてはならないものとなった「時刻表」の歴史を、貴重なコレクションでたどりながら、時代を画した14誌をとりだして語るオリジナル・カラー文庫。

目次

戦前の汽車の旅と『時刻表』(高田隆雄)
日本初の市販月刊『時刻表』誕生
ライバル3社合同して“三本松の時間表”誕生
交通公社版『時刻表』の元祖翻刻発売へ
戦争の狭間に咲いた欧亜連絡国際列車
関門海底トンネル開通 本州~九州間直通運転始まる
“愛される国民の鉄道”を模索する連合軍管理下の国鉄
戦後初のダイヤ大改善を全国規模で実施
国鉄の輸送力が戦前の水準まで回復
国鉄史上最大規模のダイヤ大改正を実施
東海道新幹線開業『時刻表』も祝賀一色
幹線の近代化と“よん・さん・とう”ダイヤ大改正
“SLブーム”の中で迎えた鉄道百年
海峡を渡って九州まで延びた“ひかりライン”
上越新幹線開業『時刻表』は多様化・細分化の時代へ