新潮文庫<br> シズコさん

個数:
電子版価格 ¥539
  • 電書あり

新潮文庫
シズコさん

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 20時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 248p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101354156
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報



佐野 洋子[サノ ヨウコ]
著・文・その他

内容説明

四歳の頃、つなごうとした手をふりはらわれた時から、母と私のきつい関係がはじまった。終戦後、五人の子を抱えて中国から引き揚げ、その後三人の子を亡くした母。父の死後、女手一つで家を建て、子供を大学までやったたくましい母。それでも私は母が嫌いだった。やがて老いた母に呆けのきざしが―。母を愛せなかった自責、母を見捨てた罪悪感、そして訪れたゆるしを見つめる物語。

著者等紹介

佐野洋子[サノヨウコ]
1938(昭和13)年、北京生れ。武蔵野美術大学デザイン科卒業。ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。創作絵本に『100万回生きたねこ』『わたしのぼうし』『ねえとうさん』(日本絵本賞、小学館児童出版文化賞)など、創作童話として『わたしが妹だったとき』などがあり、そのほかにエッセイ集『神も仏もありませぬ』(小林秀雄賞)などを発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

280
角田さんの書評集より。佐野さんのキレッキレの文章が心地よい、そしてこれほど熱烈な娘から母へのラブレターを、私は知らない。2016/11/09

kaizen@名古屋de朝活読書会

209
壮絶な人生。戦争で引き揚げ、疎開し、弟の世話をし、亡くなり、父親が亡くなり、母親の世話をする。料理、裁縫が上手な母親と、馴染めない自分。20世紀の日本での物語。実話なのか、小説なのか、読んでいて分からないほど現実的。フロイトが男だから、母親と娘の間の分析が十分でないところを指摘しているのには参った。2013/07/08

chimako

91
このところ洋子さんのエッセイやら嘘話やらを立て続けに読んだので知っているエピソードがたくさんあった。「洋子さん、その話知ってるから」と軽くツッコミ入れながらお母上シズコさんの迸るエネルギーを浴びました。実家の母は養子取りで家付娘。明らかに私より弟を可愛がったし、自分のことが好きだった。親が子どももにベタベタするような家庭ではなかったが全然不幸ではなく満足していた。友だちがお母さんと腕を組んでいるの見て驚いたことを思い出す。そして今も元気でわがままなのを有りがたいと思う。2016/06/18

マンダリン子

89
佐野洋子さんと母親のシズコさんの話。シリアスな事もサラっと書いてあり時にはクスっと笑えるような一言も挟んであってそんなに深刻にはならなかった。あんなに個性の強かったシズコさんも老いると普通の優しいお婆さんになってしまうんですねえ。現在親の介護中の人が読むとグッとくるかも。2016/03/12

きんぎょっち

68
「私は母を金で捨てた」と何度も出てくる文章に違和感を感じるのは、世代が違うせい?居心地のいいホームでプロにケアされるのは不幸ではないし、そのためのお金を稼いでいる著者はむしろ親孝行、と思うのだが。「母さん、呆けてくれてありがとう」と母親と抱きあって和解する場面では、共感のあまり涙が出た。私の母も一時半呆けの状態になった事があるが、その時の母は性格の悪さが消え、とても可愛げがあった。呆けが治ってくるにつれ、意地悪な自己中に戻ってしまったが。私が母と和解できるとしたら、著者と同じ状況しか想像できないなぁ…。2018/08/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/656238

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。