• ポイントキャンペーン

新潮文庫
歴史にはウラがある

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 254p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101352206
  • NDC分類 210.04

内容説明

日本の外交ベタは聖徳太子から始まった!?アメリカが日本に開国を求めた本当の理由とは?歴史上の大事件もナナメから眺めると、意外なウラ事情が見えてくる。「忠臣蔵」のきっかけは塩だった!?北海道は独立国だった!?もし秀吉に立派なヒゲがあったら…!?歴史が動くちょっとした瞬間に目を向けてみてはいかが?常識を超えたビックリ歴史談義。

目次

第1章 もう一つの歴史―本音のつぶやき(存亡のウルトラ大危機から日本を救ったのは?―蒙古襲来!;日本の外交ベタは聖徳太子から始まった!?―第一回遣隋使;明治初年、日本に英仏が認めた独立国があった!?―北海道共和国 ほか)
第2章 鏡の向こうにも歴史―そのころあちらは(「世間は虚偽に満ちている」―聖徳太子;ある正直者の異常な体験―マホメット;時空を超えた修行僧―空海 ほか)
第3章 ウラ読み逆さ読みの歴史―ホントに本当?(「わしは食いたかったのに…」と秀吉は言った?;傾国の白い果肉;頭蓋骨、歴史を動かす ほか)

著者紹介

ひろさちや[ヒロサチヤ]
1936(昭和11)年、大阪府生れ。東京大学文学部印度哲学科卒、同大学院修了。’85年まで気象大学校教授。教壇で哲学を講ずる傍ら、旺盛な執筆・講演活動で仏教を中心とした宗教問題の啓蒙家として知られる