新潮文庫<br> 晴子情歌〈下〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
晴子情歌〈下〉

  • 高村 薫【著】
  • 価格 ¥680(本体¥630)
  • 新潮社(2013/05発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 12pt
  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 412p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101347240
  • NDC分類 913.6

内容説明

両親を失った晴子は福澤家で奉公を始める。三男二女を擁する富と権力の家―その血脈は濁っていた。やがて運命に導かれるように、末弟たる異端児淳三と結婚する。一方、母の告白により出生の秘密を知った彰之は、苛酷な漁に従事しながら、自らを東京の最高学府から凍てつく北の海にまで運んだ過去を反芻する。旅の終りに母子が観た風景とは。小説の醍醐味、その全てがここにある。

出版社内容情報

本郷の下宿屋から青森の旧家へと流されてゆく晴子。ここに昭和がある。あなたが体験すべき物語がある。『冷血』へ繋がる圧倒的長篇。

両親を失った晴子は福澤家で奉公を始める。三男二女を擁する富と権力の家――その血脈は濁っていた。やがて運命に導かれるように、末弟たる異端児淳三と結婚する。一方、母の告白により出生の秘密を知った彰之は、苛酷な漁に従事しながら、自らを東京の最高学府から凍てつく北の海にまで運んだ過去を反芻する。旅の終りに母子が観た風景とは。小説の醍醐味、その全てがここにある。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件