新潮文庫
オタク学入門

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 415p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101344515
  • NDC分類 361.5
  • Cコード C0195

内容説明

1980年代に発生し、今や世界中の若者に浸透した「オタク」文化。本書は、第一人者がその本質を明らかにした、教養としての「オタク学」の金字塔である。「うる星やつら」「スター・ウォーズ」などを教材にした生態研究から見えてくるのは、ジャンルを超えることを恐れず、努力を厭わない、知的冒険者の姿である。「ガンダム」総監督・富野由悠季氏との対談「『ガンダム』は何を教えてくれるのか」収録。

目次

1 オタクの正体
2 オタクの世界性
3 オタクの3つの眼
4 「粋」の眼
5 「匠」の眼
6 「通」の眼
7 オタク文化論

著者等紹介

岡田斗司夫[オカダトシオ]
1958(昭和33)年大阪生れ。文明批評家。大阪芸術大学客員教授。’85年、アニメ・ゲームの制作会社ガイナックス設立、’92(平成4)年退社。’97年、講演・執筆活動のために株式会社オタキング設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。