• ポイントキャンペーン

新潮文庫
東京番外地

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 305p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784101300726
  • NDC分類 914.6

内容説明

東京番外地、それは普通の人が何となく忌避してしまうところ、近すぎて焦点距離が合わなくなってしまったすぐそこの異界。皇居、歌舞伎町、東京拘置所、山谷、霞が関―。あらゆる違和にまなざしを向けてきた著者が、無意識の底に沈んだ15の「聖域」を旅する裏東京ルポルタージュ。そして初めて出会う、この街の知られざる素顔とは―新たに「番外編・東京ディズニーランド」を追加収録。

目次

要塞へと変貌する「終末の小部屋」―葛飾区小菅一丁目
「眠らない街」は時代の波にたゆたう―新宿区歌舞伎町一丁目
異国で繰り返される「静謐な祈り」―渋谷区大山町一番地
「縁のない骸」が永劫の記憶を発する―台東区浅草二丁目
彼らとを隔てる「存在しない一線」―世田谷区上北沢二丁目
「微笑む家族」が暮らす一一五万m2の森―千代田区千代田一番地
隣人の劣情をも断じる「大真面目な舞台」―千代田区霞が関一丁目
「荒くれたち」は明日も路上でまどろむ―台東区清川二丁目
「世界一の鉄塔」が威容の元に放つもの―港区芝公園四丁目
十万人の呻きは「六十一年目」に何を伝えた―墨田区横網二丁目
桜花舞い「生けるもの」の宴は続く―台東区上野公園九番地
高層ビルに取り囲まれる「広大な市場」―港区港南二丁目
「異邦人たち」は集い関わり散ってゆく―港区港南五丁目
私たちは生きていく、「夥しい死」の先を―府中市多磨町四丁目
日常から遊離した「夢と理想の国」―千葉県浦安市舞浜二丁目

著者紹介

森達也[モリタツヤ]
1956(昭和31)年広島県呉市生れ。映画監督、作家。テレビ・ディレクターを経て、’98(平成10)年、オウム真理教の内部に密着した自主制作ドキュメンタリー映画「A」を発表。ベルリン映画祭に正式招待され、香港、釜山、バンクーバーなど、海外の映画祭でも高い評価を受けた。2001年、続編「A2」が山形国際ドキュメンタリー映画祭にて審査員特別賞、市民賞をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)