新潮文庫
偽りの薬―降圧剤ディオバン臨床試験疑惑を追う

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 336p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101216065
  • NDC分類 499.4
  • Cコード C0195

内容説明

きっかけは1通のメールだった。“論文不正”―。製薬業界で売上高世界トップクラスに君臨する巨大企業・ノバルティスファーマ。同社の降圧剤ディオバンは脳卒中や狭心症をも抑えるとして売上累計1兆円超の大ヒット薬であった。だがその原点ともいえる臨床試験に疑義が呈されたのだ。飛び交う札束。操作されたデータ。偽りに満ちた効果…。製薬企業と大学病院の癒着を暴くドキュメント。日本医学ジャーナリスト協会賞大賞受賞。

目次

第1章 疑惑(「懸念」;医師の指摘 ほか)
第2章 スクープ(企業の関与は;突然の辞職劇 ほか)
第3章 不正(データ操作;迷走 ほか)
第4章 薬とカネ(検討委始動;「肩書は都合よかった」 ほか)
第5章 立件(厚労省の告発;新たな疑惑 ほか)

著者等紹介

河内敏康[カワチトシヤス]
1970(昭和45)年愛知県生れ。’97(平成9)年、毎日新聞社に入社。千葉支局、科学環境部などを経て、毎日新聞東京本社医療福祉部副部長

八田浩輔[ハッタコウスケ]
1979(昭和54)年広島県生れ。2004(平成16)年、毎日新聞社に入社。京都支局、北陸総局、科学環境部、外信部などを経て、毎日新聞ブリュッセル支局特派員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

きっかけは1通のメールだった。〈論文不正〉──。製薬業界で売上高世界トップクラスに君臨する巨大企業・ノバルティスファーマ。同社の降圧剤ディオバンは脳卒中や狭心症をも抑えるとして売上累計 1 兆円超の大ヒット薬であった。だがその原点ともいえる臨床試験に疑義が呈されたのだ。飛び交う札束。操作されたデータ。偽りに満ちた効果……。製薬企業と大学病院の癒着を暴くドキュメント。

河内 敏康[カワチ トシヤス]
著・文・その他

八田 浩輔[ハッタ コウスケ]
著・文・その他