新潮文庫<br> 知ろうとすること。

電子版価格 ¥473
  • 電書あり

新潮文庫
知ろうとすること。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 183p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101183183
  • NDC分類 543.5
  • Cコード C0195

出版社内容情報

原発事故後、福島の放射線の影響を分析し続けた物理学者と考える、未来を少しだけ良くするためにいま必要なこと。文庫オリジナル。

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳(かげぜん)調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学を読む力の大切さ」を早野と語る。未来に求められる「こころのありよう」とは。文庫オリジナル。

内容説明

福島第一原発の事故後、情報が錯綜する中で、ただ事実を分析し、発信し続けた物理学者・早野龍五。以来、学校給食の陰膳調査や子どもたちの内部被ばく測定装置開発など、誠実な計測と分析を重ね、国内外に発表。その姿勢を尊敬し、自らの指針とした糸井重里が、放射線の影響や「科学的に考える力の大切さ」を早野と語る。未来に求められる「こころのありよう」とは。文庫オリジナル。

目次

序章 まず、言っておきたいこと。
1章 なぜ放射線に関するツイートを始めたのか
2章 糸井重里はなぜ早野龍五のツイートを信頼したのか
3章 福島での測定から見えてきたこと。
4章 まだある不安と、これから
5章 ベビースキャンと科学の話
6章 マイナスをゼロにする仕事から、未来につなげる仕事へ

著者等紹介

早野龍五[ハヤノリュウゴ]
1952(昭和27)年岐阜県生れ。物理学者。東京大学大学院理学系研究科教授。専門はエキゾチック原子。世界最大の加速器を擁するスイスのCERN(欧州合同原子核研究機関)を拠点に、反陽子ヘリウム原子と反水素原子の研究を行う一方で、2011(平成23)年3月以来、福島第一原子力発電所事故に関して、Twitterから現状分析と情報発信を行う

糸井重里[イトイシゲサト]
1948(昭和23)年群馬県生れ。コピーライター。「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰。広告、作詞、文筆、ゲーム制作など多彩な分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

seacalf

208
敬遠しがちであやふやなままにしている放射能問題について、真摯な姿勢で取り組まれてきた早野龍五さんと、平易な言葉でわかりやすく提示してくれる糸井重里の対談。早野さんにしびれる。ものすごい人だ。今まできちんと知らなくて恥ずかしい。糸井重里の着眼点は、相変わらず素敵。昔から好きだ。物事の「ありよう」について、どのような姿勢で知ろうとするのかを改めて考えさせてくれる。薄い本だけれど、気付きの収穫が多い1冊。読みやすいし、とてもおすすめ!寄り道話ながら、水素の話もロマンですね。2016/05/29

やすらぎ

179
3.11の直後、冷静なツイートを続けた物理学者、早野龍五氏。陰膳検査、ベリースキャン等の活動を行う。糸井重里氏との対談本。人は誰しも「野次馬」を飼っている。大変なことが起きたときに野次馬が暴れだすと、事実が見えなくなる。人は大きな物音や騒ぎに目や耳を向け、簡単に興奮し、怖れたり脅かし合ったりしやすい生き物である…。悪いことは発信されるが、徐々に回復している事実は報道されない…。その役割を担うために本はあり、正しく読み、深く考える重要性を感じます。目を背けてはいけない…「知ろうとすること」を大切にしたい。2021/01/05

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

152
文系人間にも【科学的なリテラシー】が必要な局面はあると思います。福島第一原発の事故直後から的確な情報をツイッターで発信し続けた早野龍五氏と糸井重里氏の対談集。難しいテーマを易しく説く早野氏、頭の中で絵を描いて知ろう・理解しようとする糸井氏の姿勢に共感。「書店で上から二冊目の雑誌を取る」行動が風評被害や差別につながるという説には考えさせられました。被災地の汚染状況を把握するため、早野氏が給食のセシウム検査を提案したところ、文科省が「もしセシウムが出たらどうする?」と拒否したという話には呆れました。好著です♪2015/08/19

小梅

133
東日本大震災のあと、物理学者の早野龍五のツイッターを通じ知り合った糸井重里と、事故から3年を経てあらためて現状を語り合った。糸井重里のあとがきに、人は野次馬というやつをこころの中に飼っている。この言葉が心に残りました。2014/12/02

Noriko D

128
糸井重里さんの言葉「どんな非常事態であっても、叫ばないでちゃんと説明してくれる人を見つけなきゃならない」を噛みしめる。アメリカでは大統領をはじめ大声で叫んだ者勝ちなところがある。でも本当に重要なことは、いろいろな意見、情報に振り回されないで自分の頭で考え決めること。2019/01/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8284173

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。