新潮文庫<br> 点と線 (改版)

個数:
電子版価格 ¥484
  • 電書あり

新潮文庫
点と線 (改版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月26日 06時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 262p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101109183
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

黒々とした悪を立派に推進中。善良そうなそいつも。いかにも悪そうなあいつも。

九州博多付近の海岸で発生した、一見完璧に近い動機づけを持つ心中事件、その裏にひそむ恐るべき奸計! 汚職事件にからんだ複雑な背景と、殺害時刻に容疑者は北海道にいたという鉄壁のアリバイの前に立ちすくむ捜査陣……。列車時刻表を駆使したリアリスティックな状況設定で推理小説界に“社会派”の新風を吹きこみ、空前の推理小説ブームを呼んだ秀作。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

サム・ミイラ

292
再読。正直な所小説も映画も私にはいま一つだったが、この度たけし主演のテレ朝五十周年記念ドラマをレンタル観賞し驚いた。こんなにも面白く深く感動する物語だったとは。東京五輪整備事業に絡む汚職に端を発する偽装殺人と男女の情念と葛藤。政治家や官僚の妨害にも怯まずひたすら犯人を追う刑事達の執念の捜査。戦争で心を無くした犯人と生きる意味を得た刑事との火花散る駆け引き。慌てて本棚から引っ張り出し一気に読んだ。成程、この小説においては感情を排し努めてドライに描こうとしていた事がやっと分かった。実験的小説だったのだと。2014/08/12

zero1

270
博多近くの海岸で見つかった男女の遺体。青酸カリでの心中?ベテラン刑事の鳥飼は食堂車でひとりだけの利用だったことに疑問を持つ。死んだ男は某省庁での汚職が疑われていた課長補佐。警視庁の三原警部補は安田という男を疑うが、彼は当時、北海道にいた。東京駅での4分間、時刻表を用いてのアリバイ崩し。後のミステリーに大きな影響を与えた作品。意外に薄く読み易い。ある図書館ではYAの扱いになっているほど。1957年連載開始と古いが、九州への夜行寝台特急「あさかぜ」や鉄道公安官、都電も登場するので鉄道ファンでも楽しめる一冊。2019/02/13

Atsushi

215
博多の海岸で発見された男女の死体。心中と片付けられたが殺人事件として謎を追う警視庁の三原と福岡県警の鳥飼。完璧と思われたアリバイが地道な捜査と理詰めの推理でひとつひとつ崩される過程は読みごたえあり。東京駅の「空白の4分間」は今も新鮮だ。2018/06/28

nobby

192
『点と線』その意味を知って味わいながら、読了して尚深み感じるのは見事!九州博多の海岸で見つかった心中と思われる男女の死体。徐々に浮かび上がる人物には、犯行時刻に北海道にいたという鉄壁のアリバイがあって…いやはや、日本を跨ぐ壮大な仕掛けが、寝台特急や連絡船など一日がかりだった時代背景と重なり圧巻の心持ち。言わずと知れた時刻表や手紙・電報など、今ではあまりピンとこないツールを次々と駆使して描くのが魅力的♪少し遅すぎる気付きへの苦笑もあるが、残り50頁でまだ八方塞がりな事態を打開する刑事たちの執念の捜査が熱い!2019/01/22

おしゃべりメガネ

181
今更ながら?松本清張先生の初読み作品です。昭和32年に書かれた「アリバイ崩し」の社会派ミステリーの金字塔的作品ですが、イヤ、スゴかったです。ネタ自体はシンプルですが、よくここまで‘点’と’線’を手繰り寄せ、つなぎ合わせたなと感嘆してしまいます。主人公となる刑事「三原」の決して諦めない筋の通った行動力と、よき上司「笠井主任」のサポートが絶妙でした。事件の起きた現場のベテラン刑事「鳥飼」もいいキャラをだしてくれており、今となっては考えられない‘電報’を連絡手段に使用している場面も、ある意味なかなか新鮮でした。2015/11/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579654

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。