新潮文庫 文豪ナビ<br> 文豪ナビ 松本清張

個数:

新潮文庫 文豪ナビ
文豪ナビ 松本清張

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月13日 14時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101109008
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0195

出版社内容情報

*最後の4行分は統一フォーマットで。時間が足りない。書きたいことは山ほどある――。41歳でデビューし、46歳で専業になった遅咲きの作家は猛然と書き、約750冊を著した。社会派ミステリーの金字塔『砂の器』『点と線』『ゼロの焦点』から未完の大作まで。人間の業を描き続けた〈昭和の巨人〉に迫る。代表作のジャンル別の紹介・くわしい評伝・作品をより楽しむためのコラムや読み物など、文豪の新たな魅力を発見できるシリーズ!

内容説明

時間が足りない。書きたいことは山ほどある―。41歳でデビューし、46歳で専業になった遅咲きの作家は猛然と書き、700冊超を著した。社会派ミステリーの金字塔『砂の器』『点と線』『ゼロの焦点』から未完の大作まで。人間の業を描き続けた“昭和の巨人”に迫る。代表作のジャンル別の紹介・くわしい評伝・作品をより楽しむためのコラムや読み物など、文豪の新たな魅力を発見できるシリーズ!

目次

巻頭グラビア 松本清張を知るための5つのキーワード(社会派;破滅する男女;鉄道旅 ほか)
ジャンル別!松本清張作品ナビ(推理長編;名短編;歴史・時代小説 ほか)
講演採録 私の発想法
清張映画・清張ドラマの魅力(評論 長部日出雄;エッセイ 柚木麻子;スペシャル・インタビュー 米倉涼子)
評伝 松本清張(権田萬治)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

岡部敬史/おかべたかし

90
すごく面白いです。とくに「私の発想法」という昭和56年の講演が最高。小説家は怒りをもっていないと書く因子がない。鴎外もトルストイも悪妻を持っていて、それが書く因子になっていたという推論から自分の妻は悪妻じゃないから僕は文豪になれないという締めも素晴らしいなー。この講演読むだけでも買う価値あり 。あと「砂の器」の映画化への苦闘、十数年もすごみあります。一時はまったけど、改めて読み進めてみようかな清張さん2023/09/07

ぶち

80
『目でみるシリーズ』や『くらべるシリーズ』の作者・岡部敬史(おかべたかし)さん、ご紹介の本。岡部さん曰く、「掲載されている「私の発想法」という昭和56年の講演が最高。この講演読むだけでも買う価値あり」。ほんとうに講演内容はとても面白かったです。その中で松本清張さんが「文豪には悪妻がつきもの。私の妻は悪妻ではないので、私は文豪ではない」と宣言されていて、奥様愛にクスリ(^o^) 松本清張さんといえば私には推理小説でしたが、このナビを読んで、歴史時代小説やノンフィクションも読んでみたくなりました。2023/11/06

ぐうぐう

39
文豪の定義にはいろいろある。名作と呼ばれる作品を残している。後世に与えた影響力。ボリュームもそうかもしれない。松本清張には、それら条件がいちいち思い当たる。社会派推理というジャンルを開拓し、実に700冊以上の著作を清張は残した。しかも、40代デビューというハンデがあったことを考えると、その熱量に圧倒される。さらに、推理小説に限らず、歴史もの、時代小説、ノンフィクション、古代史等々、多岐に渡るジャンルへの越境は、まさしく文豪にふさわしい(忘れてならないのは、彼が芥川賞受賞作家だということだ)。(つづく)2023/04/24

旗本多忙

26
私の発想法....という項目があるが、講演録のようだ。岡倉天心や伊能忠敬、森鴎外などの奥様や女性との関係などに触れておられるが、とくに岡倉天心の事に興味がわいた。清張は41で書き始め生涯に700以上もの作品を残したそうで、その数に恐れ入る。時代小説、ノンフィクション、推理、歴史に古代物、評論や、伝記に評伝、実話事件物など、想像とはいえこんなことまで書いていいのかってものまでありますよね。もうありとあらゆる分野に傑出した作家だった。2023/05/07

てん

23
今年は松本清張没後30年にあたる。テレビでも少し特集番組が放送されたりしている。いくつかの作品を読んだが、清張作品の地平は広く、また小説はリアルさ、救いのなさからつまみ食い程度に読んだにすぎない。色々な角度から清張そして作品を紹介してくれる。しかし読みきれないほどの作品を書いた作家とは。今まで読んだことのない考古学ものを読んでみたい。2022/09/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19979073
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。