新潮文庫<br> 夢魔の標的 (改版)

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

新潮文庫
夢魔の標的 (改版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101098135
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

腹話術師の私と、息ぴったりで幼児番組に出演し活躍していた、かわいらしい人形のクルコちゃん。ある日、クルコちゃんが生きた人間のように勝手にしゃべり出した。私の言うことを聞かないばかりか、ついに暴走を始めてしまい――。これは夢なのか現実なのか、妄想なのか。それとも異次元からの知られざる指令なのか。ショートショートの巨匠による、スリリングなホラー長編SF。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

セウテス

62
SFショートショートの星先生が、「気まぐれ指数」に次いで書かれた初期の長編作品。主人公は、クルコという人形がコンビの腹話術師。ある日突然人形のクルコが勝手に会話を始める。自分は別の空間に閉じ込められている何かだと言う。此れからこの繋がりを基に此方の世界へ飛び出し、世界を征服する準備中だと言うのだ。主人公の意識が造り出した、もう一人の人格の仕業なのか、それとも異世界の種族や悪魔が本当に存在しているのか。主人公の妄想ではないのかという疑念を読者に持たせる事で、不安感が増し独特の不思議感を演出している作品です。2015/12/16

Tetchy

49
果たして最後に勝ったのは夢魔か女医か?読中は恐怖感が襲うが、読後はやっぱり星印。2008/09/19

KANEO

18
星新一の長編はこれが初読。そのせいか妙に新鮮な不思議な読み心地。 星さんの読み易い文章は長編でも健在。 夢の世界からの侵略者、ということで、もしやサイコホラーか?と思わせる展開が中盤まで続くが、やはりそこは星新一。SFチックな真相が身を潜めていた。しかし、ストーリーの流れ自体はホラーのそれで、SFホラーとして楽しませていただいた。やはりホラーは日常の生活が徐々に変わっていってしまう過程が一番ワクワクする。 それにしても今回のSFギミックは分かり易いようでちょっと難しかったなあ。2014/10/06

Yuka Saito

16
うーん、やっぱり星新一はすごいし好きだ。ショートショートを生みだし『神様』と言わしめたばかりでなく、長編でもSFの要素を忘れず内容をばらけさせることもなくきっちり纏めてオチをつけることができる。どなたかが感想で書いていらしたが、長いショートショートを読んでいる、という表現は的を得た表現だなぁ…と。ほんとに上手い人は何を書いても上手いんだな、きっと。ショートショートにしてもそうだけど発想がすごい。ただ、昔の作品なのか『聾』などの表現はいただけないなぁ…。でも、私の中での『神様』といえば星さんだ。2013/10/10

gushwell

11
星新一が書いた初の長編SFホラー。易しく読みやすい文体はショートショートそのまま。正体がなかなか分からないクルコが不気味だった。時代を感じさせる部分も多いが、今読んでも十分に楽しめる。 2015/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/489264

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。