新潮文庫<br> 田舎教師 (改版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

新潮文庫
田舎教師 (改版)

  • 田山花袋
  • 価格 ¥572(本体¥520)
  • 新潮社(1992/09発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月23日 03時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 292p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101079028
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

等身大(ありのまま)の、僕らがいる――。恋。野心。破局。日本の青春と挫折は、ここから始まった。【自然主義文学の白眉】

家庭貧しく進学できない文学青年林清三は、寒村の小学校教師として赴任する。彼は文士の動きに熱っぽい関心を持ち、同僚を見ては「まごまごしていると自分もこうなってしまう」と焦るが、やがて憧れは薄れ、教員生活に埋もれてゆく……。野心に燃えながら田舎の教師として短い生涯を終えた青年の出世主義とその挫折を、田舎町の風物や生活の中に描いた自然主義文学の代表的作品。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

やいっち

95
実在の人物の日記を元に小説に仕立てたもの。だが、小説になり切っていない。福田恆存氏も解説で書いているが、主人公の影というか存在感が薄い。当時の世相からも出世主義に駆られ、死の病に侵されても、文学の道をと思いつつ、若くして肺病に没してしまう。モデルとなった人物が平凡だったのか、作家の田山氏に力量が足りなかったのか、主人公の渇望が今一つ感じられない。紀行文としてなら一読の価値くらいはあるかもしれないが、小説としては食い足りない。外側から感情移入もなく彼の生活を眺めたという印象に留まった。2020/10/12

aika

63
恋や文学、将来を語り合った同級生との青春の日々。しかしそれは永くは続かず、上京する裕福な友人たちと、田舎教師の職を得て貧しい家を支える自分との差を思い悩む焦燥感に、つい溶け込むように自分を重ねてしまいます。それでも文学への志を掲げ、いつか名を挙げてみせると決意しながらも、文学に恋に仕事に人生に、すべてに挫折してしまう青年の苦悩。しかしどんなに自暴自棄になっても、最後まで極貧に喘ぐ母を思いやる清三の優しさには心打たれます。細部に張り巡らされる美しい自然や田園風景の描写が、清三の人生を滲ませるようです。2018/11/08

みっぴー

53
のらーりくらーり過ぎていく日々…これはこれで貴重な体験だと思うのですが、夢や大志を抱いた若者には、苦痛そのもの。名を成したいが極貧故進学が出来ず、学校の教師をしつつ世に出る機会をうかがうが、ぬるま湯からは中々抜け出せず心ばかり焦る清三。世は変わり友も変わるが田舎教師という清三の立場だけは変わることはない…という風なまったりした作品と思っていると、ラストでガツンときます!清三の人生って何だったんだろう?健康第一!2016/11/07

Y2K☮

50
野心を持ちながら、文学に音楽に植物とふらふらする清三。教職にやりがいを見出すまでは良かったが、女に溺れ、借金が嵩み、健康も蝕まれる。貧しくて東京へ進学できなかった、気の毒な母を置いて行けなかった。言い訳。この意志の弱さが人の等身大を描く自然主義の本領か。でもたとえば太宰治は清三以上のダメ人間だが、それでも文学への一途な熱を貫いたから数々の名作を残せた。弱いなりの戦い方はある。清三のモデルになった人に一言。人とは違う何かを得る為には誰もが欲しがる何かを諦めなきゃ。運命と戦う無名がここにもいるから見ててくれ。2017/01/26

テディ

49
美しい田園風景を中心とした自然描写を背景に清三が恋愛、人生、家族、貧困に悩み葛藤しながら生きた物語である。日露戦争の戦況下、親友の父の計らいで貧しい両親を養うために高等小学の教師となる。師範学校に進学しようとする友人の中で田舎教師に身を置く自分。中学校の仲間と同人誌を発刊させる目的や音楽学校の受験等は失敗に終わり、密かに慕っていた美穂子と親友が文通で親しくしている事を知る。やがて挫折を乗り越え、野心を捨てる事ができる境地に至ったが不治の病により鬼籍に入る清三。墓石の前に教え子が花を供え涙する。2015/08/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/527604

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。