• ポイントキャンペーン

新潮文庫
米百俵

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 181p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784101060118
  • NDC分類 912.6

内容説明

戊辰戦争で焦土と化した城下町・長岡。その窮状を見かねた支藩より見舞いの米百俵が届けられた。だが、配分を心待ちにする藩士が手にしたのは「米を売り学校を立てる」との通達。いきり立つ藩士を前に、大参事小林虎三郎は「百俵の米も、食えばたちまちなくなるが、教育にあてれば明日の一万、百万俵となる」と論す。「米百俵の精神」を広く知らしめた傑作戯曲。著書の講演も収録。

目次

米百俵
隠れたる先覚者小林虎三郎

著者紹介

山本有三[ヤマモトユウゾウ]
1887‐1974。1887(明治20)年、栃木県生れ。東京帝大独文科卒。1920(大正9)年、戯曲「生命の冠」でデビュー。『嬰児殺し』で注目を集め、日本の新劇の基礎を固めた。大正末期から小説にも手を染め、『波』などの新聞小説で成功を収める。その後、ひたむきな女医を描いた『女の一生』、勤め人一家の愛と犠牲の日々を書いた『真実一路』、逆境をたくましく生きる少年を書いた『路傍の石』で国民的作家となった。子供達に向けて書かれた『心に太陽を持て』は、今も小・中学生に読まれている名作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

★緊急復刊!
2兆円バラマキ、あまりに安易・・・。各メディアで、いま話題!
『定額給付金』を発想する現代の政治家にこそ、読ませたい。――池上彰